結城市で火災!2月22日に発生・出火場所はヒラノ産業結城配送センターすでに5棟の倉庫が炎上

2月22日に茨城県結城市結城の配送会社で火災が発生し、16時現在も消化活動が続いているという。
近日ではアスクルでも大規模な火災が発生しており、鎮火までに日数を要したのが記憶に新しい。
今回の火災現場となったのもアスクル同様の配送会社であり、倉庫が複数も得ているという情報だ。それ故に連日にわたって消化活動も続く可能性があるのだろうか。



Sponsored Links



2月22日の結城市の火災報道

報道による情報をまとめると茨城県結城市の火災は、2月22日の14:00頃に配送センターの従業員から消防に「建物が燃えている」と119番通報が入ったという。
すでに火災の影響で配送会社の6棟ある倉庫のうち5棟が延焼している。
警察や消防は現在も逃げ遅れた人やけが人などがいないか、確認を進めているといい火災による被害者の状況は明らかになっていない。

結城市の火災の状況

14:00頃に消防に通報が入り、16時現在まで消火活動を展開しているが、火災の勢いは収まらずに配送会社の6棟ある倉庫のうち5棟にまで燃え広がっている状況だ。

結城市の火災の場所

2月22日に火災が発生した場所は茨城県結城市のヒラノ産業の配送センターのようだ。

火災現場のヒラノ産業の配送センターは主に雨具などを倉庫に保管していたようである。
雨具となると主原料はポリエステルになろうか。
ポリエステルが燃えることによって異臭や有害物質などが発生することが知られているために、火災現場付近では異臭が漂っていることだろう。
又、現場に被害者が取り残されているのであれば、火災による影響のみならずに有害物質による影響も懸念される。



Sponsored Links



ヒラノ産業の配送センター火災の影響

火災により既に倉庫5棟が延焼しているという。
そのために倉庫に保管していた商品はすべて売り物にならなくなっていることだろう。さらに火災の勢いもとどまっておらずに鎮火のメドも立っていないために、ヒラノ産業の配送には影響を及ぼすだろう。
しかし、近日のアスクル火災時には火災発生の同日内に、別の配送センターからの配送を可能にして火災による利用客への影響を最小限に防いでいた。
そのためにヒラノ産業も同様に他の配送センターを経由してとの対策を取れば、利用客への影響はないだろう。

又、ヒラノ産業の敷地内での火災であるが、黒煙が立ち上っており大規模な消火活動が展開されているために周囲では交通規制もなされているようだ。

ヒラノ産業の出火原因

出火原因については現在はまだ捜査に至れておらずに、従業員からの証言もないのが現状だ。
配送センターということで機械トラブルによる火災なのだろうか。それとも人為的なものかあるいは放火なのか。
まだまだ分からないことは多いが、消化活動が済み次第、明かされていくことになるだろう。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP