doctor-563428_1920

泰葉の旦那との離婚理由は躁うつだった!!原因不明の謎の病が暴言奇行の元凶…

初代林家三平の娘であり、シンガーソングライター兼タレントの泰葉が11月4日放送の『爆報!THE フライデー』に出演し、旦那春風亭小朝との離婚理由の真相について告白する。泰葉は1987年に落語家・春風亭小朝と結婚したが、結婚生活19年目で離婚に陥った。

離婚当時は泰葉の19年連れ添った旦那に対しての「金髪豚野郎」という暴言が注目を浴び、非難の的になった。だが、この暴言の真相は躁うつという原因不明の病だったのだ。



Sponsored Links



泰葉の旦那との離婚理由の躁うつ

泰葉が旦那の春風亭小朝との離婚に至った原因の躁うつ病とは、常に気分の落ち込みが続くうつ病とは対照的に、気分が落ち込んでいる時もある傍らで、異常に高揚感を得ている時もあり、気分の浮き沈みが非常に激しいうつ病。そのために双極性障害とも呼ばれている。

躁うつの発生原因などはうつ病と違い明確にはされていないものの、躁うつの2/3はうつ病からの発病との結果が出ている。尚うつ病よりも気分の浮き沈みが激しい分、躁うつのほうが、自殺率や再発率が高い。さらに気分の浮き沈みがある分、発病者本人も自覚症状がなく、社会的人間関係に影響を与える可能性が大きく、様々な面でうつ病よりもリスクが高い病気だ。

泰葉は元々旦那に尽くすタイプであり、化粧もせずに家事に専念しており、非常に評判も良かった。しかし、一方で根が人前に出て何かをしたい、目立ちたいという欲も泰葉は持っていたが、旦那のためにとそれらの感情を押し殺して、家事に専念し旦那を支え続けた。

だが、そんな生活が19年も続くうちに泰葉本人も気づかぬうちに躁うつを発病してしまうのだ。躁うつに陥ったことで気分の落ち込みのある一方で、気分が異常に高揚する時もあった。そんな時に、今まで押し殺してきた感情の「人前に出たい」「目立ちたい」という欲が表に現れ始め、高揚感と交じり、苛立ちという形で、出始めたのだ。

その結果、旦那との関係性はみるみる悪化していき、離婚を余儀なくされた。しかし、離婚後も躁うつは続いており、泰葉の欲が抑えきれなくなり、露見したのが、「金髪豚野郎」に代表される数々の暴言奇行だったのだ。このように躁うつが旦那の春風亭小朝との離婚理由となっていた。



Sponsored Links



『爆報!THE フライデー』出演の現在の泰葉

現在泰葉は本格的に芸能界復帰を果たして、徐々に番組出演も目立ち始めている。そんな中で、11月4日放送の『爆報!THE フライデー』では、原因不明の病躁うつとの闘病生活や躁うつが原因で離婚に陥った真実などを語られる。

当時泰葉の暴言奇行は物議を醸しだしたものの、泰葉のキャラクターとして認知されることとなり、離婚理由も泰葉のこのような性格ゆえに陥ったとする見解が強かった。

しかし、本来の泰葉は暴言奇行とは程遠い、旦那を支える理想の嫁であったようだ。そんな泰葉を苦しみ続けた躁うつとの闘病生活とはいかようなものだったのだろうか。『爆報!THE フライデー』に注目したい。



Sponsored Links



Winner Topics


Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 石井健雄ドイツのヨーデル歌手!世界ナゼそこに?で放送される1万人を熱狂させる69歳の日本人 - https://t.co/WKrphliS91
    about 17時間 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. cruise-ship-interior-712257_1920
  2. computer-1245714_1920
  3. treatment-1327811_1920
  4. portrait-915230_1920
  5. burnout-384086_1920
  6. iphone-518101_1920
  7. head-172351_1280
  8. wild-865292_1920
  9. palm-1635143_1280
  10. shower-faucet-1296208_1920
PAGE TOP