安田翠が飼い犬のゴールデンレトリバーに噛まれ死亡!犬の処分は今後どうなる……

3月9日に生後10か月の安田翠が飼い犬のゴールデンレトリバーに噛まれ、搬送先の病院で亡くなっていたことが判明した。

安田翠はこの日保育園で熱を出してしまい、母親が仕事中のために迎えに行けなかったために、やむ負えず祖父母らが迎えに行き祖父母の自宅にあずかっていたという。
そして、祖父母の自宅で放し飼いにしていたゴールデンレトリバーが、突然祖父母の目の前で、安田翠の首から頭部にかけて噛み付いたという。



Sponsored Links



安田翠に噛み付いたゴールデンレトリバー

安田翠に噛み付いたゴールデンレトリバーは4歳のオスであり、体重は40㎏ほどだという。一般的にゴールデンレトリバーという犬種は温厚な性格とされて、又、賢いことからも警察犬としても採用されている犬種になる。

亡くなった安田翠に噛み付いたゴールデンレトリバーにおいても、暴れ回る様子などは日ごろからもなく、以前にも安田翠と一緒に遊ばせていたこともあったという。

ゴールデンレトリバーが噛み付いた理由

ゴールデンレトリバーに限らずに犬には本来噛み付くという習性が存在し、いくら賢い犬種とはいえ例外ではない。
しかし、犬には高い学習能力が備わっているのも事実であり、親犬の下で成長することで噛み付く習性を抑えたり、躾を行うことによって噛み付く習性を犬自身で抑え込むことも可能となる。
だが、飼い犬の場合は躾をされていない犬も多く、噛む習性を我慢できない犬もいる。

そんな犬たちは習性として自身らの縄張りを荒らされたと感じた場合や遊びの一貫で噛み付いてしまうことが存在し、安田翠に関しても稀にしか姿を見せないことから縄張りを荒らされたと感じた可能性や遊びの一貫で噛み付いてしまった可能性も十分に考えられる。



Sponsored Links



噛み付いたゴールデンレトリバーの今後

如何様な理由で飼い犬のゴールデンレトリバーが安田翠に噛み付いたとしても殺人を犯してしまったのは事実であり、最悪の場合には殺処分という可能性も十分に考えられる。

基本的に現在の日本では殺処分という方法は禁止されているものの、事件や事故を押した犬に関しては殺処分の対象になりうる。
犬が事件や事故を起こしたとなれば保健所に届け出る義務があり、被害者などからの訴えや苦情等によって飼い犬であれど殺処分を余儀なくされる場合もある。

今回の安田翠に噛み付いたゴールデンレトリバーも安田翠の両親やニュースを見た世論が殺処分を望むのであれば殺処分に追い込まれる。

犬が絡んだ事件事故

環境省によると2015年度内に犬による事件事故は4373件報告されており、飼い犬によるものが98%と大部分を占めている。
2015年にも飼い犬に噛まれての死亡事故や散歩中の犬の首輪が外れて、小学生らに噛み付いた事故なども起こっている。

こうした動物の被害というのは犬のみに報告されているものではないが、犬がペットとしての人気も高いために必然的事件事故の件数も上昇しているようである。

古くから日本人に人気の犬であるが、犬といえど動物であり本能が存在する。それ故に予期せぬ行動を起こすこともあり、今回の事故のように生後間もない子供と一緒にいさせるというのは危険が伴うことになるだろう。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP