これがやる気を維持する7つの方法

仕事を行っている時に突如襲われるやる気の喪失。
まじめな人ほど陥りやすい現象でもあり、燃え尽き症候群とも呼ばれているが、やる気を突如失ってしまう時には必ず前兆が存在する。

「仕事や人間関係に悩みだす」「健康に影響を及ぼしている」「四六時中仕事のことが頭を離れない」「疲弊している」「パフォーマンスの低下」などなどだ。

そして、このような前兆が見られた時こそ、やる気を維持する7つの方法を行うことが重要なのだ。



Sponsored Links



やる気を維持する7つの方法

1.1人の時間を確保する
四六時中仕事のことが頭を離れない原因として、近年発達したメールや電話などでいつどこにいても仕事が舞い込んでくるかもしれないという環境下が原因として挙げられる。これでは常に仕事のことが頭から離れるわけもない。
そこで、外部との連絡を完全に断ち1人の時間を確保することで、初めて本当の休息を確保でき、自身の心身の回復に努めることができるだろう。

2.健康状態を把握する
人間の身体というのは重いな他繊細なものである。そのために心的負荷や肉体的負荷が一定以上溜まった時に、必ずどこかに健康への影響が出始める。体の怠気からちょっとした痛みまで、すべてが体が出している危険信号なのだ。それ故に日々の健康状態を把握することで、いち早く体の限界を察知することができる。

3.計画的に休む
社会人になると仕事のスケジュールはみっちり計画的に立てるものの、休みのスケジュールをしっかり立てるものは少ない。それどころか1日の間に休憩時間すら設けない人物も見られる。疲労というのは心身に蓄積するものであり、溜まってしまってからでは疲労を回復させるのは至難の業。それ故に日々計画的に休憩を取り入れ、心身に疲労を蓄積させないことが重要である。



Sponsored Links



4.自然睡眠
疲労やストレスが蓄積するとアルコールや睡眠薬を使用しての睡眠に依存しがちである。しかし、アルコールや睡眠薬の使用は本来あるべき脳の睡眠のサイクルに支障をきたし、睡眠による十分な回復効果を得られなくなってしまう。それ故にさらにアルコールや睡眠薬に頼るようになり、負の循環が出来上がってしまう。こうなっては睡眠による回復効果は著しく低下してしまう。

5.整理整頓
疲労が蓄積し仕事のことで頭がいっぱいになると、身の回りも脳内も散らかった状態になっている。そこで身の回りを落ち着いて整理してみることで、脳内も落ち着きを取り戻し、身の回りが整理整頓されたことで仕事のパフォーマンス性も向上することだろう。

6.1時間に15分の休憩
学生時代などは必ず1時間に15分程度の休み時間というものが存在する。その理由は人間の脳には集中力の限界が存在し、1時間から1時間半程度しか持たないとされている。ここで集中力が維持できていない状態で仕事を続行し続けるよりも、1時間に1回15分程度の休憩を取った方が、速やかに集中力を回復でき仕事の生産性も向上するのだ。

7.周囲に頼る
人は疲労やストレス下に置かれると1人になり落ち着きたいものである。しかし、そんな時こそ周囲の人間に頼ることで、疲労やストレスの根源を削減することに繋がったり、思いもよらぬ手助けを得られることが多い。仕事と云えど1人で行っているのではなく、あくまでも会社とは1つのチームであり、皆で助け合いながら働くことで、遥かに高いレベルの仕事をこなせるようになり、それこそが会社が組織として存在する意義なのである。

・その他の関連記事



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP