corsica-224716_1920

山本徳治は見つかったか!海谷三峡パークから徒歩15分駒ヶ岳登山口付近で行方不明

山本徳治が10月16日に新潟県糸魚川市の地区住民が主催した宝探しゲームに参加し、終了後も戻らずに行方不明になっている可能性が浮上している。山本徳治が行方不明になったと考えられる場所は、海谷三峡パークから徒歩15分の距離にある、駒ヶ岳登山口付近であり、誤ってそのまま登山道に迷い込んでしまった可能性が高い。

駒ヶ岳山麓一帯はブナ林が生い茂り、水分を多く含んでいるために非常に足元が悪く、緑のダムと呼ばれるほどである。さらに周りは断崖絶壁や急峻な崖に囲まれているために初心者には厳しい登山道となっているのだ。

すでに通報が入った16日から警察や消防によって連日50人体制での捜索が行われているが、現在も山本徳治発見には至っていない。19日からはヘリコプターを導入し、上空からの捜索が開始され、行方不明になってから日も経過しているだけに早急な発見が求められる



Sponsored Links



山本徳治は無事見つかる可能性

何よりも早急な発見が求められるのは間違いない。
一般的に遭難にあった場合の生存確率は8日以降に劇的に下がっていく。その原因は人間が飲まず食わずで、生命活動を維持できる限界であるからだ。山本徳治の場合は地区住民が主催した、宝探しゲームに参加していたと云うことで、食料品や飲み物を所持していない可能性が非常に高い。さらに山本徳治は現在、動けない状況でいる可能性が高いと考えられる。

山本徳治が行方不明になった場所は、海谷三峡パークから徒歩15分にある、駒ヶ岳登山口付近だと云う。その為に付近には登山道もあり、自力で歩くことさえ可能であれば比較的容易に戻ってこれる場所である。しかし、山本徳治が行方不明になって数日が経過しても発見されていないと云うことは行動を起こしていない、又は起こせずにいる可能性が高い。

さらに駒ヶ岳山麓一帯は足元も悪く、断崖絶壁や急峻な崖に囲まれているため、尚更負傷し行動を起こせない可能性がある。

万が一自力で山本徳治が行動できるのであれば、海谷三峡パークにさえたどり着ければ、管理人もおり、携帯電話も通じる環境の為にも無事生還を果たせるだろう。しかし、駒ヶ岳山麓一帯にはまだまだ危険があるのだ。



Sponsored Links



クマやスズメバチの存在である。
駒ヶ岳山麓一帯には熊注意の看板が多く掲げられており、登山道に入る際は、ツキノワグマ除けの音が出る鈴やラジオの携帯を呼びかけている。さらに今年はすでに各地で熊被害が出ているために、すでに活動が非常に活発化しているようであり、人を襲うことにも躊躇はなさそうである。

スズメバチにおいても秋はオオスズメバチが他のスズメバチを襲う為、オオスズメバチは非常に攻撃的になっているほかにも、他のスズメバチも警戒態勢にあり、防衛反応が強く現れ攻撃的になっている。

クマとスズメバチどちらに遭遇しても命の危険を脅かされることは間違いなく、山本徳治の一刻も早い発見が求められる。
海谷三峡パークから徒歩15分の駒ヶ岳登山口付近で行方不明になったようだが、果たして無事に発見されるであろうか。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 石井健雄ドイツのヨーデル歌手!世界ナゼそこに?で放送される1万人を熱狂させる69歳の日本人 - https://t.co/WKrphliS91
    about 17時間 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. wild-865292_1920
  2. urban-438393_1920
  3. vitamin-b-871135_1920
  4. tokyo-1343663_1280
  5. stretchen-1634784_1920
  6. alcohol-428392_1920
  7. achievement-1238472_1920
  8. alone-62253_1920
  9. boy-828850_1920
  10. cruise-ship-interior-712257_1920
PAGE TOP