山田兼輔の父親が弁護士!千葉大学医学部3名がついに実名公表…いったいなぜ今まで控えられていたのか

千葉大学医学部の男子学生3人が逮捕された一連の事件。逮捕直後は事件の凶悪性にもかかわらずに、犯人の名前が公表されない事態に大きな反響を呼んでいた。しかし、12月5日についに警察が逮捕した3人の実名公表を行った。その中でもかねてより噂されていた、強力な人脈を持つ犯人の名前が、山田兼輔であることが判明。山田兼輔は、これまでの報道によると父親が弁護士であり、その他身内も皆がエリート一家であると報じられていたが、いったいどのような人物であったのだろうか。



Sponsored Links



父親が弁護士の山田兼輔

山田兼輔は横浜の名門私立高校聖光学院高等学校を卒業して、千葉大学医学部に入学、ラグビー部に所属していた。聖光学院高等学校は偏差値が70~75前後とされており、全国でもトップクラスの学力を有している高校である。そんな、聖光学院高等学校に通っていた山田兼輔は、幼いころから近所での評判は良かったが、それ以上に注目を集めていたのが、山田兼輔の家系にある。

山田兼輔の自宅は東京都内の高級住宅街に洋館のような立派な豪邸を構えており、山田兼輔の兄も父親も弁護士であるという。さらにそれだけにとどまらずに、曾祖父は元総理の岸信介の学友であり、最高裁判事を務めた経歴もあり、他にも身内には法律財団法人の理事長に弁護士会の幹部経験者などが豊富におり、日本の法曹界でも屈指の名家の生まれだというのだ。

そんな山田兼輔は日ごろはおとなしい性格であり、山田兼輔の幼いころを知る近所の住人によると、兄の陰に隠れているおとなしい子供であったとのこと。しかし、このたび凶悪の事件に走ってしまったようだ。犯人らが千葉大学医学部に通う男子生徒ら複数であったために、エリート一家育ちの山田兼輔も犯行に及んでしまったのだろうか。それとも名家の生まれとしても、自身の欲望を満たすことができずに、凶悪な犯行に走ってしまったのであろうか。

今回の事件での逮捕を受けて、犯人らの実名が公表されない理由に、山田兼輔の父親が弁護士であり、名家の生まれであることが各機関でささやかれていたが、ついにこのたび警察から公式に報じられることとなった。警察は決して山田兼輔の父親や名家という家系が、実名報道への影響を与えたものではないとしているものの、実際のところは何とも言えないのが現状である。近日相次ぐ大学生の凶悪事件今後もまだまだ余波を生みそうである。



Sponsored Links



千葉大学医学部実名公表への世間の反応

やっと名前が公表された。 余罪も含め徹底的に捜査して欲しい。
去勢が妥当なくらい性犯罪者にも特に厳しくしていくべき。
余罪がでてきそう。
やっと名前と住所まで発表された。
名前を出さないのは捜査に支障とかあるが言い訳にしかならない。
山田の親父が弁護士だって。ネットで知りました。
なぜ、最初から名前が出なかったのか、が知りたい。

近日に千葉大学医学部と同様の事件が相次いでいただけに、やはりなぜ千葉大学医学部だけ実名公表されないのかと疑問に思われていた人々らは多いようだ。そして、実名公表されたものの、山田兼輔の父親が弁護士である点や名家の生まれということを懸念して公表を避けたという見方が強いようである。果たして、本当のところいったいなぜ実名公表がされなかったのかは、今後、更なる議論を招きそうである。
 



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP