burnout-384086_1920

運動後の頭痛と嘔吐の原因!誰でもできる簡単対処法で運動の効果を最大限発揮させる

年齢からか運動後の頭痛と嘔吐が起きてしまうことはないだろうか。

健康維持のために始めたにもかかわらず、
これでは続けられそうにない。

しかし
そんな運動後の頭痛と嘔吐にはしっかりと原因があるのだ。
この原因さえしっかり理解し対応することで、
頭痛と嘔吐を軽減することができるだろう。



Sponsored Links



運動後の頭痛と嘔吐の原因

運動を行うことによって体中の血液は使われている筋肉に集中する。
すると体内に存在する血液の量は限られており、筋肉以外の場所に血液が不足することになるのだ。
その時に脳は血液の流れが弱いために通常時よりも酸素の補給ができておらず、
少ない血流からより酸素を効率的に得ようと血管を拡張させる。
こうすることにより血管が脳を刺激することになってしまい運動後に頭痛を招く原因に成るのだ。

胃や腸などの消化器官系も運動を行うことによって活動するために必要な血液が筋肉に集中してしまい、
活動機能が低下して消化不良を起こしてしまう。
すると消化器官系は消化不良になったものを吐き出すことによって消化不良を解消しようとし始め、
嘔吐という形がとられてしまうのだ。

これらが原因となり運動後に頭痛や嘔吐を招いてしまう。
しかし
どちらも事前に適切な対応をとることで回避することが十分に可能なのだ。



Sponsored Links



運動前後にストレッチを行い食後の運動を避けることにって頭痛と嘔吐は回避できる。

運動前の準備運動には体にこれから負荷をかけても大丈夫なように事前に動けるよに慣らす意味があり、
運動後のストレッチには筋肉に集中している血液を筋肉を伸ばし血流を良くすることで、
心臓に戻し各器官に正常に送りなおさせるという意味があるのだ。
これらを行うことにより血流の急激な変化を防げ、
尚且つ血液が不足し脳が酸素不足にも陥らずに頭痛を回避できる。

さらに人間の消化機能は早くても2時間はかかるとされているのだ。
食後間もなくに運動を行うことは消化不良を起こす原因となるために、
食後2時間は最低空けてから運動を行うことで、すでに消化がされているために消化不良を起こさずに
吐き気や嘔吐に襲われる心配もなくなる。

このような対策を運動前後に行っておくことで運動後の辛い頭痛や嘔吐に悩まされることは無くなるのだ。

運動も急激な負荷をかけることはあまり効果的ではなく、
事前に準備し運動後もしっかりとケアを行い正しく運動を行うことで、
運動で得られる様々なメリットを最大限に生かせるようになるのだ。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 石井健雄ドイツのヨーデル歌手!世界ナゼそこに?で放送される1万人を熱狂させる69歳の日本人 - https://t.co/WKrphliS91
    about 17時間 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. head-172351_1280
  2. love-1643452_1920
  3. food-1257321_1280
  4. men-1198041_1920
  5. man-1394395_1920
  6. bald-742823_1280
  7. fruits-82524_1920
  8. man-1209546_1920
  9. hands-1408480_1920
  10. leaves-184219_1920
PAGE TOP