上西崇と松岡芳春の医師2人逮捕!集団で性的暴行を行った疑い…1人は名前非公表はなぜ!?

医師の上西崇と松岡芳春に東邦大学・医学部生の医療関係者3人が、集団で性的暴行を行ったとして逮捕された

上西崇と松岡芳春に東邦大学・医学部生ら3人は2016年の春ごろに、上西崇の東京大田区の自宅マンションで、都内に住む未成年の10代女性に無理やり飲酒させて酔わせた後に集団で性的暴行を加えたとして逮捕された。

近年ではこうした飲酒に集団での性的暴行が横行しており、このままでは大きな社会問題になりかねない事態である。又、かつては高学歴高収入で憧れの的とされていた医師の相次ぐ事件への関与での逮捕に、医師の評判や信頼が落ちかねない事態にも発展している。



Sponsored Links



医師 上西崇と松岡芳春 東邦大学・医学部生

このたび集団で性的暴行を行ったとして逮捕されたのは、医師の上西崇と松岡芳春に東邦大学・医学部生だ。

上西崇は31歳であり船橋中央病院に勤務する研修医だ。

勤務先の船橋中央病院は最新設備に看護学校も併設する千葉の中核を担っている病院であり、頼られる病院を目指しているという。

しかし、あまり評判は優れずに不満の口コミが多くみられる。「もっと真剣に診察して欲しい」「他の病院を変えてよかった」などの声も見られる。又、具体的なものでは医師が内線で急ぎの電話で待ち合わせを取り付け、そのために患者の診察が通常よりも簡易的に行われたという声も上がっている。

こうした不評のある船橋中央病院に研修医として勤めていた上西崇も、このような環境故に犯行に及んでしまったのだろうか。

逮捕されたもう1人の医師の松岡芳春も上西崇と同様に31歳。おそらくこの2人には以前から交流があり、この2人のつながりで東邦大学・医学部生も犯行に加担したのだろう。

そんな松岡芳春は医師として東京慈恵会医科大学附属病院に勤務している。

東京慈恵会医科大学附属病院は質の高い医師と設備を兼ね備えた病院であり、非常に評判も良い。しかし、現役の医師が東京慈恵会医科大学附属病院から逮捕されたとなると今後の風評被害は計り知れないだろう。

そして、もう1人の逮捕者が東邦大学・医学部生だ。

東邦大学・医学部生については25歳にもかかわらずになぜ実名公表されていないかが、今後さらなる火種となることだろう。医学部生ということで将来も有望だったにもかかわらずにいったいなぜこのような集団で性的暴行を行ってしまったのだろうか。

医師の上西崇と松岡芳春に東邦大学・医学部生の3人の逮捕者を出した、今回の集団で性的暴行事件であるが、この事件に非常に似た事件が過去には発生している。



Sponsored Links



千葉大集団強姦事件

まだ記憶にも新しい千葉大集団強姦事件だろう。

この事件は千葉大医大生3人が20代女性に白ワインの一気飲み勝負を挑み酔わせたところ、介抱する形を装い集団で性的暴行を行ったとして逮捕された事件である。この事件も当初は逮捕者の名前が公表されずに大きな話題を呼んだ。

実際は他の捜査への影響を加味して発表を控えたとしているが、週刊誌などにより報じられた逮捕者の1人の家系が法曹一家である事実の方が、公表されなかった本当の理由として考えられている。

そのために今回の医師の上西崇と松岡芳春に東邦大学・医学部生の3人が逮捕されたうち、東邦大学・医学部生だけ名前が報じられていないのにも何か裏があるのかもしれない。

現在千葉大集団強姦事件においては初公判が1月31日に行われたばかりであり、今後どのような刑が下るのか注目を集めるところだ。今回逮捕された医師の上西崇と松岡芳春に東邦大学・医学部生ら3人も今後、千葉大集団強姦事件と同じく注目を集めそうだ。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP