銚子愛娘殺人事件とは(Wiki)フジテレビで放送される母親と愛娘の生活苦が招いた悲しき事件

1月20日放送にフジテレビ金曜プレミアム・実録!嘘と涙と男と女!波乱の人生 頂上リサーチ」にて、紹介される銚子愛娘殺人事件とは、どのような事件なのかをWiki風にご紹介。銚子愛娘殺人事件とは、生活苦となった母親が愛娘を自らの手で、亡き者とする事件である。事件発覚後には行政の在り方にまで騒動を拡大させる一大事件となった。又、母親に求刑された刑も懲役7年と罪状から見ても異例の短さであり、現在の日本の貧困層の切実な現状を世に知らしめる形となった事件である。



Sponsored Links



銚子愛娘殺人事件とはWiki

フジテレビで放送される銚子愛娘殺人事件とはWiki風に紹介すると、事件が発生したのは2014年9月24日、千葉県銚子市の県営住宅にて、母親の松谷美花が、愛娘の松谷可純を亡き者とした事件である。母親はシングルマザーであり、2007年に生活費や家賃などが安く済む、銚子市の県営住宅に愛娘と越してきたのだ。母親と愛娘の仲の良さは非常に近所でも評判であり、母親も愛娘も近所からの不評が出るような人柄ではなかった。

そんな仲のいい2人であったが、母親には数百万円以上の借金があったのだ。実は母親は2002年に旦那と離婚しており、当時の旦那は借金を母親に背負わせて離婚。中には高利息の闇金業者も含まれており、銚子愛娘殺人事件発覚当時には、5つの金融機関から借金をしていたという。母親にはこのような多額の借金を抱えているという事情があったために、生活費などの安い銚子市に2007年から移住し始めたのだ。

銚子市の県営住宅に越してきたころから母親は、隣町にある給食センターのパートとして働き始め、月収12万円ほどの収入を得ていたという。しかし、母親と愛娘との生活では非常に生活苦な金額であり、生活保護の申請を行えば受けることも可能な状況であった。しかし、母親は生活保護制度を知らなかったことも原因で事件へと発展してしまうのだ。

愛娘が中学に進学したころから、娘のための出費がかさみ始め、月12800円ほどの県営住宅の家賃が滞納し始めることとなる。そして、家賃の滞納から2年が経過したころに、千葉県からの訴えで強制立ち退きが執行されることとなる。その結果、強制立ち退きの当日2014年9月24日に、強制立ち退きの執行員が母親の住む県営住宅を訪れた際に事件が発覚するのである。



Sponsored Links



銚子愛娘殺人事件と行政

強制立ち退きの執行により発覚した銚子愛娘殺人事件であるが、逮捕後に発覚した母親の愛娘を溺愛する気持ちや、生活苦の現状などに多くの反響を呼んだ。強制立ち退きの執行員が母親の元を訪れた時、母親は愛娘の頭をなでており、数日前に行われた愛娘の運動会のビデオを見ていたという。母親は愛娘の後を追うことを決意していたようであるが、実行には移せなかったという。

さらに私生活でも近所の目撃情報によると、母親はいつも同じシャツにジーパン姿だったのに対して、愛娘は毎日違う服を着ており、周りの子供たちと比べても際立っておしゃれだったという。実は母親は愛娘に不自由をさせたくないという思いの一心で、愛娘の欲しいものは買い与え、中学に入学した際には月数万円のお小遣いを渡すようになっていたという。このような現状が家賃の滞納を招いたわけであるが、母親が生活保護制度を知らなかったことは大きな反響を呼んだのだ。

母親は事件発生前に役所を訪れて、生活苦を相談したという。しかし、役所からは担当部署に案内されたものの、生活保護制度を具体的に説明されることもなく。又、役所は母親から生活保護制度に必要な情報を、何一つ聞き出していないことが明らかになったのだ。つまり、生活苦を相談しに来た母親に何も説明しないままに帰してしまったのだ。この役所の対応が銚子愛娘殺人事件で発覚し、貧困問題に注目を当てることとなったのだ。

この母親と愛娘の悲しき事件、銚子愛娘殺人事件がフジテレビにて紹介される。とは、どのような事件かをWiki風にご紹介したが、現代の日本の貧困問題を切に表した悲しき事件だったのだ。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP