対馬市火事12月7日が殺人事件!?犯人はいまだ逮捕ならず…住宅全焼で犯人の痕跡も消え失せたか…

12月7日に長崎県対馬市豊玉町曽で住宅が全焼する火事が発生し、住宅から住人2人の遺体が見つかっていたが、警察の捜査により、亡くなった2人に外傷があったため、放火殺人の可能性が浮上し、改めて捜査を開始したことが明らかになった。犯人は現段階で逮捕されておらずに、警察が捜査を進めている段階だ。



Sponsored Links



12月7日の対馬市火事殺人事件

12月7日の午前7時50分ごろに発生した長崎県対馬市の火事。全焼した住宅は漁業を営む古川敬氏の住宅であり、遺体として発見されたのは古川敬氏と次女の聖子の2人である。火事の火は出火から1時間ほどで鎮火されたが、2階建ての木造住宅は全焼した。後日の捜査のの結果、2人の遺体は頭部数か所に骨折を伴い外傷が発見されており、殺害されてから、住宅に火をつけられたと考えられる。

尚、住宅では3人暮らしをしており、古川敬氏の嫁は火事の際は不在であり、生還している。殺害された2人は地元での評判も良く、地域の人々は口を揃えて恨みを買うような人物ではなかったと話している。対馬市家事事件の概要から亡くなった2人に刺し傷などは確認されずに、頭部に複数の外傷とのことであるために、強い恨み等による犯行というよりも、何か別の突発的な要因の可能性が高い。

さらにこのような事件の性質上、生き延びた家族が犯人として怪しまれるものであるが、古川敬氏の嫁は火事事件当時は県外の病院にいたという。又、地域から恨みを買う人物ではなかったということなので、顔見知り等の犯行ではなく、別な目的で住宅に侵入しやむ負えずに2人を手にかけ、証拠隠滅のために放火し火事を装ったのだろう。

住宅が全焼してしまっているためにも窃盗などの被害があったかも不明なために、犯人の目的が不明であるが、現段階で犯人についての有力な情報もなく、逮捕されていない現状のために、地域には動揺が広がっているようである。



Sponsored Links



12月7日の対馬市火事殺人事件の世間の反応

島でしょ?島民の誰かなんて怖いね。
最近は、ちょっとしたことで殺人するから、こわいね。
この手の事件は多いです。放火にみせかけた殺人。
高齢者がかなり多いし、犯人が捕まるのも時間の問題だな。
殺人事件多いな
ひどい話だ。あってはならない事件。

12月7日に発生した対馬市の火事が殺人事件だったことへの同様が大きいようだ。今回の事件において、犯人が無事に特定できるかどうかにより、今後の模倣犯が増加するかもしれないとの見方もある。果たして無事に犯人を逮捕することができるのであろうか。今後の捜査展開に注目だ。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP