sleeping-1353562_1920

疲れた時は休むのは逆効果な理由と正しい疲労回復法

仕事で疲れ果ててしまった時に疲れたから今日は休もうと考えられたことはないでしょうか。

確かに疲れた時は休むことで一定の疲労回復効果を得られますが、
その後かえって疲労を溜りやすくしてしまう可能性があるのです。

今回はその理由と正しい疲労回復方法をご紹介。
この方法を知ることで疲れた時により一層効果的な疲労回復をはかれるでしょう。



Sponsored Links



疲れた時は休むが逆効果な理由

休むことでの生活リズムのズレと血液循環の低下が疲れた時は休むのが逆効果とされる理由です。

人間の体には生活リズムが存在し朝起きて活動し夜自然と眠くなり眠りにつきと流れが存在します。
これは脳や神経系が体の活動具合や起きてからの経過時間等から生活リズムを把握し、
自然に行われている生命活動です。

しかし
疲れた時は休むことにより今までの仕事で築き上げてきた生活リズムを一時的に崩してしまうことになり、
翌日になると朝起きずらかったり日中のだるさや眠さの原因になります。

さらに体の疲れを回復させるには血液循環が重要であり、マッサージや入浴等も刺激により
血液循環を回復させることにより高い疲労回復効果が見込めるのです。

しかし
疲れた時は休むと何もせずに休養に充ててしまうと体の筋肉は固まり血液循環を悪化させ、
疲労回復を遅らせてしまう原因になります。

これらの理由から疲れた時は休むと何もせずに睡眠一筋に行っても
かえって翌日以降に辛さを招く原因になってしまうのです。

そこで疲れた時に行うとよい疲労回復法をご紹介しましょう。



Sponsored Links



疲れた時に効果的な疲労回復方法

上記の2点を踏まえたうえで行うとよい疲労回復法は適度な運動にマッサージ、入浴などが効果的です。

適度な運動を行うことでさらに疲労を溜めてしまうと思われるかもしてませんが、
運動を行うことにより体の筋肉をほぐし血行を良くすることが疲労回復のための本来の目的です。

激しい運動ではなく適度な運動、ストレッチなどで十分血行を良くして体の疲れを取ることが可能でしょう。

マッサージを行うことも非常に効果が高く、固まった筋肉を強制的に柔らかくして血行促進をはかり、
自身でも比較的簡単にいつでも行うことが可能です。

さらに精神的な疲れにもリフレッシュ効果があり非常に有効で、
体の疲れのみならずに精神的な疲れにも高い効果を発揮します。

入浴を行うことにより湯船の温かさで筋肉をほぐし、さらに体の末端を温めることによって、
血行の活動を活発化し体全体の血行を良くする効果があるのです。

ちなみに半身浴のほうが効果的で全身湯船に浸かってしまうと体への体力的な負担が大きく、
疲れている時さらなる疲れを招く原因となってしまいます。

これら3点は疲労回復に高い効果を発揮する方法です。
生活リズムを崩さないように休みの時でもいつも通りの生活リズムを刻むことが
今後も疲労を溜めないためには重要です。

疲れた時は休むのではなく生活リズムはいつも通りに過ごし、
しっかりと体の疲れを取ってから休むことが最も効果的に疲労回復をはかるポイントでしょう。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 港区北青山多重事故発生!乗用車2台タクシー1台バイク1台自転車1台歩行者1人を巻き込む事故 - https://t.co/4dZwEQbwPU
    about 44分 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. coffee-1283672_1920
  2. bedroom-1082262_1920
  3. soybeans-182295_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. glass-1379822_1280
  6. man-937665_1920
  7. tie-690084_1280
  8. tokyo-835566_1920
  9. jacket-382581_1920 (1)
  10. move-779696_1920
PAGE TOP