beer-820011_1920

疲れたーきつかったですね今日そんな一杯飲みたい時に知っておきたいお酒とストレス

仕事を無事にやり切った時に『疲れたーきつかったですね今日』と思わず出てしまうほどに
頑張り切れた日はちょっと一杯やりたくなりますよね。

しかしお酒にはストレス解消のメリットと同時にデメリットも存在してしまいます。

そこでお酒とストレスとの関係性をご紹介。
これを知ることでより効果的にお酒の席を楽しめることでしょう。



Sponsored Links



疲れたーきつかったですね今日そんな日に最高の一杯

仕事をやり切るとなぜかお酒を飲みたくなってしまうもの、
しかも『疲れたーきつかったですね今日』と出てしまうほどならなおさらです。

お酒にはメリットが存在することが知られており、一日一杯であれば健康に良いといわれています。
さらに食前酒としても存在し食欲増進や他にも心拍や血圧上昇を防ぐ効果もあるのです。

しかしお酒における最大のメリットはストレス解消効果になります。

お酒を飲むことで楽しかったり開放的な気分になれますがこの原因はアルコールを飲むことで、
分泌されるドーパミンの影響があり、セロトニンという不安や恐怖などストレスの原因となる成分の分泌を
抑え、より一層強い開放感や楽しい気分をもたらしてくれます。

その為にお酒には一時的であるにしろストレスを忘れさせてくれる、
ストレスから解放してくれるのに非常に高い効果があるのです。

その影響もあり酒の席では緊張が解け話しも弾みやすく、よりよい人間関係を築きやすくもなります。

とメリットのたくさんあるお酒ですがもちろんデメリットも存在するのです。



Sponsored Links



お酒のデメリット

実はストレスが生じた直後にお酒を飲むとストレス解消効果は得られず、
逆効果になることが判明しているのです。

人はストレスを感じると体内でストレスを抑制させる成分が分泌されストレスを次第に和らげていきます。
しかしアルコールにはそのストレスを抑制する成分を抑制してしまう効果があり、
発生したストレス成分に通常時よりも対応力が低下してしまいストレスを長く感じる原因となるのです。

さらに大量にアルコールを摂取することでうつ病などの精神疾患になる可能性も高めてしまい、
ストレス解消効果のあるアルコールでもストレス直後や大量の飲酒はデメリットを伴ってしまいます。

習慣化してしまうことでもアルコール依存症の可能性を高めてしまうので、
お酒によるストレス解消法を習慣化するのではなくほかのストレス解消法を探したほうが賢明です。

お酒は飲んでも飲まれるなといいますが飲みすぎは健康面から考えてもメリットはなくデメリットのみ。

『疲れたーきつかったですね今日』という日にちょっと一杯ぐらいが健康のためにも
ストレス解消のためにも効果的なお酒の飲み方といえるでしょう。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 石井健雄ドイツのヨーデル歌手!世界ナゼそこに?で放送される1万人を熱狂させる69歳の日本人 - https://t.co/WKrphliS91
    about 17時間 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. move-779696_1920
  2. work-management-907669_1280
  3. urban-1580078_1920
  4. alone-62253_1920
  5. tokyo-1343663_1280
  6. cruise-ship-interior-712257_1920
  7. hand-977641_1280
  8. business-suit-690048_1920
  9. palm-1635143_1280
  10. bathroom-1281614_1920
PAGE TOP