excavators-800996_1920

豊洲市場の設計者と施工者に都が計画変更を指示した2つの理由がさらなる疑問を

豊洲市場報道が連日メディアを騒がせており、
いったい土壌汚染を担当し盛り土を行わなかった
設計者と施工者はどこの会社かと話題になっています。

果たして一連の騒動の責任の所在はどこにあるのでしょうか。



Sponsored Links



豊洲市場の設計者と施工者

豊志市場の設計を担当した設計者は日建設計

施工者は
青果棟 5街区 鹿島・大成・東亜・西松・東急・新日本建設共同企業体
水産仲卸売場棟 6街区 清水・大林・大成・鹿島・戸田・熊谷・東洋・鴻池・東急・錢高建設共同企業体
水産卸売場棟 7街区 大成・鹿島・熊谷・飛島・西武建設共同企業体
管理棟 関東建設工業・鍛治田工務店・川口土木建築工業・国際建設JV、

となっております。

設計者の日建設計は非常に高い設計技術を買われ国家プロジェクトクラスの大規模開発を多くこなし、
NHKホール、大阪ドーム、京都迎賓館、東京スカイツリー、新東京国際空港ターミナルビル、
東京ミッドタウン等々上げだしたらきりがないくらいの大企業。

施工者も大手ゼネコンと呼ばれる4社大成建設、清水建設、大林組、鹿島を筆頭に行われており、
過去の経歴、技術面両面においても非常に優れた設計者と施工者であることは間違いなく、
日本の一大プロジェクトの豊洲市場工事を請け負っても申し分ない各社がそろっています。

では一体なぜ土壌汚染された土を取り除いた後に盛り土を行わなかったのか。

実は都が専門家らの意見を聞かずに独断で判断し設計図を書き直させたのです。
そして都が設計図を書き直させた理由が2つ判明しています。



Sponsored Links



土対法施行規則は汚染土壌の封じ込め法として

「鋼製の板などで囲み、厚さ10センチ以上のコンクリートか厚さ3センチ以上のアスファルトで覆う」

と記されていること。

もう一点は

「砂利のままにしておかないと、地下水が上がってきた時に建物が下から水圧で浮き上がってしまう」

との発言がされています。

都は土対法に基づいて汚染土壌の上に35-45㎝のコンクリート層でフタをした為に影響はないと指摘。
しかし一方では
コンクリート層がされてない棟が1棟ありそこは砂利のままにしておかないと後々建物が浮いてしまう
とのことですが、コンクリート層がないところは土対法に基づいていないことになり、
建物が浮いてしまうなら全棟でコンクリート層を控えるべきなはずです。

しかも
都が土対法に基づいているから問題ないとしたものの専門家らによると
土対法は汚染土をどう扱うか定めた法律で、土壌から出る揮発性ガスの取り決めはない
と指摘しそもそも都が土対法の解釈を間違っていることがあらわになりました。

いったいなぜ都が計画変更を専門家にも都民にも知らせずに独断で行ったのか。
そして設計者と施工者も何も不振に思わなかったのか。

果たしてなぜ都が独断で計画の変更を行たのでしょうか謎が深まるばかりです。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 石井健雄ドイツのヨーデル歌手!世界ナゼそこに?で放送される1万人を熱狂させる69歳の日本人 - https://t.co/WKrphliS91
    about 1日 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. alcohol-428392_1920
  2. sleeping-1353562_1920
  3. bald-742823_1280
  4. gym-455164_1920
  5. man-979980_1920
  6. hands-545394_1920
  7. stretchen-1634787_1920
  8. retire-738801_1280
  9. boy-828850_1920
  10. head-172351_1280
PAGE TOP