excavators-1178241_1920

豊洲市場 盛り土業者はどこか!?東京都が犯した最大のミス

豊洲市場の盛り土がされていなかった問題がさらなる築地市場移転延期を
招く可能性があるとされ話題を集めておりますが、
いったいその豊洲市場の盛り土を行った業者はどこなのかと注目が集まっています。

事前の計画では土壌汚染された土地を2m掘り取り除き、
さらに4mの盛り土を行うという計画でしたが実際は盛り土なし、
果たしてこの手抜き工事とも考えられる一件はどこの業者が行ったのでしょうか。



Sponsored Links



豊洲市場の盛り土施工業者は

豊洲新市場建設に関わっていたのは清水建設(水産仲卸売場棟) 大成建設(水産卸売場棟) 、
鹿島建設(青果棟) のゼネコン各社が行っており盛り土も各行業者が行っていたことが予想されます。

しかし
いったいなぜこのような盛り土を行わない手抜き工事ともとれる工事を業者は行ったのか。

その理由は盛り土を行わなくても法律で定められた厚みのコンクリートを敷いているため
安全性は確保できているからということのようです。

その為に盛り土業者は当初の計画から変更し盛り土を行わない方向にしました。

しかし
現実では薄い砕石層やコンクリートが敷設されていましたが地下水がたまってしまい、
豊洲新市場の建物内からもベンゼンが検出されてしまっています。

安全だからと盛り土を業者が行わなかったために汚染地下水が漏れ出し、
建物内にの大気中にもベンゼンがふくまれているのです。

そんな理由からもさらなる築地市場移転が遅れそうですが、
この騒動の最大の問題点はそこではないのです。



Sponsored Links



なぜ当初の予定を変更したにもかかわらずに都民への説明がなかったのか
ということです。

今回の豊洲市場への移転は当初東京都が計画し公表したものに都民が税金と言う
お金を払い行われている計画であり、途中で計画が変更されるのであれば、
当然税金としてお金を払っている都民に説明するべきではないのかという点。

この点に関して小池都知事が都の職員を全員粛清対象にしたのです。

さらに都は当初の計画通りに進められているとして、
盛り土を行われているのも確認したと公式に発表していました。

この点も今回の豊洲市場の盛り土が行われていなかったことが発覚したことにより、
都民に嘘をついていた、都民をだまして税金をとっていたことになり、
都政の信頼を大きく落とす事態なのです。

その失われた信頼回復を行うために小池都知事が事の次第を公にして、
改善対策を行うとしています。

今回の豊洲市場の盛り土問題は盛り土を行った業者だけでなく都にも十分な落ち度のある深刻な問題、
現在は小池知事が専門家を率いて会議を行うということです。
今後の対応に期待が集まります。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 石井健雄ドイツのヨーデル歌手!世界ナゼそこに?で放送される1万人を熱狂させる69歳の日本人 - https://t.co/WKrphliS91
    about 17時間 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. hand-977641_1280
  2. tokyo-960256_1920
  3. coffee-690349_1280
  4. glass-1379822_1280
  5. urban-1580078_1920
  6. book-731199_1920
  7. person-984124_1920
  8. vitamin-b-871135_1920
  9. night-view-1342591_1920
  10. runners-373099_1920
PAGE TOP