underground-car-park-839026_1280

豊洲市場の空洞ピットはなぜできたのか都のコメントに深まる謎

連日メディアを騒がせている豊洲市場問題ですが
いったいなぜ地下空洞ができてしまったのか。

地下ピットとの声もありますがピットとしての役目を果たすにはあまりにも不自然な構造。

次々に都がコメントを出していますがすべて内容も違い
地下空洞ピットの謎は深まるばかりです。



Sponsored Links



豊洲市場の地下空洞ピットはなぜできた

都のコメントによると

有害物質が出たら、土を掘り起こして作業をしなければならない

砂利のままにしておかないと、地下水が上がってきた時に建物が下から水圧で浮き上がってしまう

配管を通すための設計上の理由で空間を設ける必要があった

これらの理由から盛り土を行わずに地下空洞ピットが出来上がったという。

しかし
地下ピットとしての役割を果たすのであれば豊洲市場の地下空洞は異様な構造をしており、
通常地下ピットというのはビルなどの配管などのメンテナンススペースであり、
高さ的にも2mもあれば十分だが、豊洲市場においては4m以上の高さのとなっています。

さらに
地下ピットの配管などは4mの天井から手元に届く高さまで下してあり作業しやすいように設置してある、
元々地下ピットを予定していたにしては不自然な構造としか言えない。

ほかにも配管の隙間からの水が漏れにより水が溜まりやすい地下ピットには、
しっかりと排水できる設備があるが豊洲市場には見当たらず、雨漏りや地下水が溜まってしまっている現状。

これらのことからとても地下空洞を地下ピット用に空洞にしたとはとても言いがたい。

さらに有害物質が出たら掘り起こさなければならないともコメントしているが、
もしその可能性があるのならば、とても大きな危険の可能性が出てくるのです。



Sponsored Links



豊洲市場が爆発を招く場合があるのです。

豊洲市場の汚染物質とはベンゼンなどであり、揮発性があるとともに引火性も高い化学物質。

つまり地下空洞ピットにベンゼンの揮発した引火性の強いガスが十分な換気用の排気口設備もない、
ほぼ密室に充満し引火すれば、もちろん大爆発を引きを超す可能性も考えられる事態なのです。

都はなぜこれほどまでに危険の可能性がある計画変更を独断で行ったのか。

そしてなぜこれほどまでに騒動が拡大しているにもかかわらずに、
きちんと地下空洞ピットが出来上がった経緯を公表せず、時折出てくる都の幹部たちのコメントのみなのか。
そしてまたなぜコメントの内容も皆違うのか。

有害物質が再び出る可能性があれば土壌汚染が万全ではないのか
と批判を浴びるために今まで伏せてきたとコメントもしているが、
ここまで騒がれて隠し通すほどなのでしょうか。

都の対応がすべて事が起きてからの後付けにしか考えられないコメントの内容。

果たして本来何のために豊洲市場の地下空洞ピットが出来上がったのか。
真相がわかるのはまだまだ先になりそうです。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 港区北青山多重事故発生!乗用車2台タクシー1台バイク1台自転車1台歩行者1人を巻き込む事故 - https://t.co/4dZwEQbwPU
    about 38分 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. urban-1580078_1920
  2. pillows-820149_1280
  3. fashion-1399344_1920
  4. shells-792914_1920
  5. runners-373099_1920
  6. euro-870757_1920
  7. tokyo-960256_1920
  8. alone-62253_1920
  9. jacket-382581_1920 (1)
  10. achievement-1238472_1920
PAGE TOP