plane-50893_1920

トランスアジア航空倒産の原因は!?理由は事故…利用客離れを招き資金繰りが悪化し経営困難に……

11月21日に突如、翌日22日に機材操りのために全便欠航を決めたトランスアジア航空が、22日に臨時の役員会議を開き、会社の倒産を決めたことが報じられた。トランスアジア航空は1951年に台湾初の民間航空会社として設立されたものの、2014年と2015年に立て続けに事故を起こしたほかにも、財務状況悪化による定期便の欠航などが相次いでいた。

これらを原因に資金繰りが悪化して、倒産の理由となったようだ。



Sponsored Links



トランスアジア航空倒産の原因

トランスアジア航空の倒産の最大の原因は2014年と2015年に発生した事故によるものだ。2014年7月には台風10号の影響を受け、約2時間出発を後らせて天候の様子をうかがっていたが、台風10号の暴風域を脱したために出発を決意。しかし、目的地である澎湖島馬公空港では、台風10号による暴風域を脱していたが、観測記録によると、風速52㎞以上を記録しており、依然として飛行が困難な状態であった。

そんな中、着陸を試みようとするも着陸することはできずに、上昇し着陸の機会をうかがっていたところ、観測レーダーから消え墜落した。事故後には、上昇の際に風邪の影響を受けて上昇しきれずに墜落したことが判明し、49人が亡くなる事故となった。この事故を受けてトランスアジア航空は被害者家族にそれぞれ300万円ほどの拠出をする旨を明らかにしていた。この2014年の拠出のみで1億5000万円かかっている。

さらに2015年にも離陸直後の機体にエンジントラブルが生じ、基隆河の水上に墜落した。この事故で43人が亡くなり再び多額の拠出を余儀なくされた。さらに2年立て続けに起こった墜落事故により、利用客は一気に離れていき、トランスアジア航空の売り上げも激減していき、従来通りの運航もままならなくなっていった。その結果、事業規模を縮小して、経営を続けていくが、機体の維持や人件費の維持が困難となり、倒産を決意したようだ。



Sponsored Links



近年での飛行機の設備は非常に高精度であり、墜落のうちの7割は人為的ミスとなっている。そのために2年連続での墜落事故を起こしたトランスアジア航空は多大な信頼を失い、一気に倒産に陥ってしまうのであった。

度重なる事故により信頼を欠いたことが倒産の原因となったトランスアジア航空。しかし、倒産直前の対応も異例であり、翌日の全便欠航を突如発表するなど、利用客を試みない経営体質が浮き彫りになる。このような経営体質が故に過去2回の事故を招いたのであろうが、急な全便欠航に利用者にとって、最後の信頼を欠く倒産劇となったようだ。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 石井健雄ドイツのヨーデル歌手!世界ナゼそこに?で放送される1万人を熱狂させる69歳の日本人 - https://t.co/WKrphliS91
    about 2日 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. bedroom-1006526_1920
  2. men-1198041_1920
  3. palm-1635143_1280
  4. skittles-1225088_1280
  5. hands-545394_1920
  6. team-386673_1280
  7. cruise-ship-interior-712257_1920
  8. fruits-82524_1920
  9. apple-691282_1280
  10. sleeping-1353562_1920
PAGE TOP