東京の桜の2017年開花予想!!2つの開花予想方法を用いて正確に桜の見ごろを予想する

東京の桜の2017年の開花予想はいつ頃なのだろうか。日本の春の風物詩でもある桜であるが、花見を堪能する期間は開花から1週間程度であり短い。そのため毎年の開花予想が非常に重要となる桜。しかし、春の訪れを感じるためにもぜひとも見ごろの期間に桜を堪能したいものである。そこで、2017年の東京での桜の開花予想をご紹介しよう。



Sponsored Links



東京の桜2017年開花予想

2017年の東京の桜開花予想は2月下旬から3月上旬の気温次第になるが、3月22日前後が開花予想となっており3月29日頃が満開。3月26日頃が見ごろとの予想が気象庁より1月に出されている。東京での例年の桜の開花時期は3月下旬から4月上旬であり、昨年2016年は3月23日から3月31日であったために少し早めの開花予想となっている。

2017年の東京での桜の開花予想が例年よりも早い理由としては、昨年の暖冬の影響がある。昨年の11.12月の平均気温が例年よりも高かったために、桜の開花予想が遅れる予想だった。しかし、2017年に入り1月から例年よりも寒い日が続き桜の開花の遅れを取り戻すことに成功。

さらに昨年の冬は暖冬であったこととに加えて、現在は例年以上に寒い日が続いていることから、桜の開花が例年よりも低い気温でも可能になるとの予想がなされ、例年よりも早い開花予想が出されているのだ。

しかし、2月下旬から3月中旬まで寒い日が続いてしまい、3月下旬になっても気温が上がりきらない可能性も考えられている。もし3月下旬でも寒い日が続いた場合はその分サクラの開花が遅れて、例年と同じくらいである3月20前後に開花し3月30日頃に満開。3月25日前後が見ごろとなるだろう。

しかし、こんな桜の開花予想であるが個人でも簡単に行うことができるのだ。



Sponsored Links



桜の開花予想方法

桜の開花予想方法として600度の法則というのが存在する。この方法は非常に単純なもので、桜の開花を予想したい地域の最高気温を2月1日から足し算で計算していき合計で600を超えた日に桜が開花するという予想方法だ。こんな簡単な桜開花予想方法であるが、的中率は非常に高く過去3年間の桜の開花時期と600度の法則を利用して予想した桜の開花予想時期の的中率は80%にも上ったのだ。

この検証が行われたのは全国の10都市であり、その中でも東京は600度の法則による的中率が非常に高く1日ズレか的中という結果を残している。又他にも15度の法則というものも存在し、2月1日から最高気温が15度以上になる日が合計23.24日になると桜が開花するというものだ。

この15度の法則は気象庁の桜の開花予想にも適用されている方法になる。1月時点では2017年の桜の開花予想が例年より早めの3月22日前後に開花、29日頃が満開となっていたが、2月以降は自身で600度の法則に15度の法則を用いて桜の開花日を予想することで、より正確に桜の開花日を推測することができるだろう。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP