もしトイレの蓋を開けたまま水を流しているなら、知るべきことがある

自宅のトイレは日に何度も利用する場所であるが、とても落ち着くと安心感を覚える人も多く、家の中でも屈指の安らぎの場だ。

その由来は主に心理学上でパーソナルスペースとして知られており、自身の領域が個室により確保されるためともされている。

しかし、そんな安らぎの場であるトイレであるが、用を済ませた後に水を流すことによってとんでもない事態が起こっている。



Sponsored Links



トイレで水を流す

トイレの水を流すことによって空気中には無数の粒子が舞い上がり、トイレ中に拡散。粒子に含まれていた無数の菌が瞬く間に繁殖し数億もの菌となるのだ。
この菌の中には当然大腸菌が含まれており、ユニットバスタイプだと洗面所においてあるコップや歯ブラシにも大腸菌が付着。
最悪の場合はノロウイルスに感染する可能性もある。

この事実はアメリカのハーバード大学の研究によって証明されており、トイレの水を流すことによって病原菌に感染するリスクを示している。

又、日用品メーカーのライオンも調査を行った結果、舞い上がった粒子の菌がその後トイレ内のホコリを栄養として爆発的に繁殖し、1gあたり数百万もの数に繁殖することが判明したのだ。
こうした実態がトイレの中が雑菌が多いといわれる由縁になっているのだ。

そのためにこの研究を行ったハーバード大学やライオンは用を足した後に、ふたを閉めてから水を流すことを推奨している。
こうすることで雑菌を含んだ粒子を舞い上がらせることもなく、雑菌をトイレ内に拡散することを防げるのだ。

そんなトイレを率先して掃除することにより、お金の縁が良くなるとはよく言われているがなぜなのだろうか。



Sponsored Links



トイレ掃除を行うことで成功を成した人物は多い。
ホンダの創業者本田宗一郎やイエローハットの創業者鍵山秀三、パナソニックの創業者松下幸之助に北野武などだ。
上記の成功者たちは皆トイレへのこだわりを持っており、トイレ掃除とお金の縁を感じさせる。

そして、トイレ掃除を行い成功を導いたのは、心が謙虚になり執着心が減少、さらに人が嫌がることを率先して行えるようになり、些細なことにも気が回るようになったと語っている。

彼らは成功者となった今でもトイレへのこだわりを捨てることはないという。
トイレ掃除を行うことによって雑菌の繁殖を防ぐだけでなく、心をも育てることにつながるとは、成功者とは日常の中でも常に自身の成長を志しているのだろう。

しかし、トイレ以外にも雑菌にまつわるものがある。

・あなたは超音波加湿が安い理由を知っていますか?

又、日常にも危険は潜んでいるものだ。

・お風呂でオナラをすると……ヤバすぎる

・その他の関連記事 



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP