business-suit-690048_1920

地方公務員の種類と難易度・地域に住む住人の為に最善を尽くす仕事

近年の世界的経済不況により経済不安が高まる一方で、
安定した職業ということで人気が集中している公務員。

その公務員といっても種類は多岐にわたり、
資格難易度も高いとされています。

そこで今回は地方公務員の種類と難易度を解説、
これできっと不況の世の中でも安定した職を手にすることができるでしょう。

地方公務員の種類と難易度

地方公務員とは地方公務員法による規定で、
地方公共団体のすべての公務員とされています。

そして地方公務員は大きく分けて2つの種類に分けられ、

  • 一般職地方公務員の一般職
  • 特別地方職公務員の特別職

の2種類に分けられるのです。

さらに一般職地方公務員は

  • 上級
  • 中級
  • 初級

の3つの種類に分けられており、
それぞれの難易度も大きく異なります。

一般職地方公務員上級は各都道府県などの地方の幹部候補としての公務員になり、
主に地域住民と接しての地域活性化を図ることが仕事です。

一般職地方公務員中級は地方中堅幹部候補として育て上げられ、
主に一般行政・学校事務・警察事務などの事務仕事になります。

一般職地方公務員初球は上級中級以外の県庁職員、市役所職員らを指示し、
仕事内容も多岐にわたり、昇進も中級上級に比べ遅く一般に課長クラスが限界のようです。

そして
特別地方職公務員は都道府県知事に市町村長、議会の議員に副知事と
選挙や議会によって選ばれてつける職になります。

地方公務員の種類は大きく分けてこのように2種類に分類され、
種類ごとに難易度も大きく異なってくるのです。



Sponsored Links



地方公務員試験の区分は地方により難易度も様々であり、
一概には言えませんが大まかな学力目安として

  • 上級 大学卒業
  • 中級 短大卒業
  • 初球 高校卒業

が目安の学力難易度とされており、
試験自体は誰がどの試験を受けても問題なく高卒の人が上級を受けられないということはありません。

独学でも十分地方公務員を目指せるのですが、
毎年の試験倍率も非常に高くもちろん近年も上昇傾向にあります。

地方により差はありますがどの階級も5倍から10倍ぐらいの倍率はあり、
いつの時代も狭き門として地方公務員は人気を得ている職業になるのです。

安定した収入源税金が給料になる地方公務員
その地域に住む住人の為に最善を尽くし地域のためのお仕事、
常に地域のために最善を尽くしてくれていることでしょう。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 石井健雄ドイツのヨーデル歌手!世界ナゼそこに?で放送される1万人を熱狂させる69歳の日本人 - https://t.co/WKrphliS91
    about 17時間 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. apple-691282_1280
  2. blood-pressure-1573037_1920
  3. pc-1207686_1920
  4. tie-690084_1280
  5. lonely-1149764_1280
  6. aluminous-749358_1920-1
  7. runners-635906_1280
  8. coffee-1283672_1920
  9. runners-373099_1920
  10. tokyo-1343663_1280
PAGE TOP