千葉和彦ドーピングの原因は何?資格停止はまさかの“痔”緩和のため

千葉和彦ドーピング検査に引っかかり、資格停止処分を受けたことで、原因かと注目を集めている。日本アンチ・ドーピング委員会が行ったドーピング検査で禁止薬物の「メチルヘキサンアミン」が検出されたことが発覚した、Jリーグ・サンフレッチェ広島所属の千葉和彦は10月27日に公式戦出場、練習参加が禁止となる、暫定的資格停止通知を受けていたことが発覚した。

千葉和彦は意図的に摂取した記憶はないとドーピングを否定し、所属クラブとともに事実解明に向けて、さらなる検査を行う予定だ。所属クラブは選手へのドーピング規定の順守に細心の注意を払っていただけに今回の千葉和彦のドーピング発覚は予想外の出来事だったようだ。



Sponsored Links



千葉和彦ドーピング原因は何

原因が痔ではないかと云うのが最有力だ。まさかとは思うが、個の根拠について、順を追って説明しよう。今回千葉和彦から検出された禁止薬物は「メチルヘキサンアミン」と云うものだ。この「メチルヘキサンアミン」は意図せずに摂取してしまう禁止薬物として代表的な物であり、市販の製品にも興奮作用や脂肪燃焼効果が得られるためにサプリメント等によくみられる。

さらに禁止薬物と云ってもほとんど自然栽培が可能であり、比較的容易に生産できることからも多くのメーカーから「メチルヘキサンアミン」入りの製品が発売される要因になっている。

そして、この「メチルヘキサンアミン」はハーブの一種のゼラニウムに含まれており、お茶などにも含まれている。そのために一時日本国内で発売されているお茶を飲むことで、ドーピング検査に引っかかってしまう禁止薬物反応が出るとして注意が促されていた。

そして、ゼラニウムを含むゼラニウム油には血液循環を良くし疲労回復効果や痔の回復にも高い効果を発揮することで知られている。実は千葉和彦は痔になっていたようだ。

これらのことから千葉和彦が痔の回復のためにゼラニウム油を求めたことが原因で、意図せずに禁止薬物を摂取してしまった可能性が高い。



Sponsored Links



このゼラニウム入りのお茶に関しては陸上関係者の間で、すでに話題となっており、注意が促されていた。

このことに晴れ茶の製造会社キリンによると検出はなかったと発表はされている。しかし、千葉和彦が他のサプリメント等の製品でゼラニウムを摂取した可能性が最も高そうだ。

今後、所属クラブとともにドーピング検査で検出された、禁止薬物の摂取原因が何かの特定に努めることで特定されるまでにそう長くはかからないだろうが、チームを挙げて対策を行ってきただけに予期せぬ出来事となり、より一層の禁止薬物対策が求められることになるだろう。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP