高崎線遅延4日の原因理由は何!?始発からのシステムトラブルにより終日運転見合わせの可能性

群馬県高崎市の高崎駅から埼玉県さいたま市の大宮駅を経由し、東京都千代田区の東京駅まで続く高崎線11月4日に始発から運転を見合わせる遅延トラブルが発生している。現在のところ復旧のメドは立っておらずに、最悪の場合には終日運転見合わせの可能性もあると発表しているが、遅延の原因理由は何なのだろうか。

JR東日本は始発からの高崎線の運転見合わせに対して、新幹線による振り替え乗車を利用可能にして、事態の緩和を図っているが、まだまだ復旧のメドは立たずに、多くの人々の足に影響を及ぼしているようだ。



Sponsored Links



11月4日の高崎線遅延原因と理由

JR東日本によると11月4日の始発から遅延している理由については、4日の午前4:32分ごろから高崎線の神保原駅と上尾駅の間の約30㎞間の車両が総合司令室のモニターに表示されず、位置が確認できない状態であり、通常運転に支障をきたすため、JR東日本は群馬県の高崎駅と東京駅を結ぶ上下線全線で始発から運転を見合わせているようだ。

なぜこのようなシステムトラブルに見舞われているかの原因については特定できておらず、その影響でシステム復旧のメドも立っておらずに、最悪の場合終日運転を見合わせる可能性をJR東日本は発表している。

高崎線の始発からの遅延ということもあり、朝の通勤時間のサラリーマンや電車通学の学生など多くの人々に影響が出ており、高崎線の神保原駅から上尾駅間の各駅では混乱が続いているようだ。

この現状にJR東日本は新幹線の振り替え乗車を推進して、混雑緩和を図っている。尚、高崎線の原因不明の遅延の影響により、湘南新宿ラインの群馬県高崎市の高崎駅から静岡県熱海市の熱海駅間でも上下線で運転を見合わせているという。



Sponsored Links



11月4日の原因不明のシステムトラブルにより、日々多くの人が利用する、群馬県高崎市から東京都までを結ぶ高崎線。始発からの遅延で広い範囲で影響が出ているようでまだまだ混雑は続きそうだ。

JR東日本には一刻も早い原因理由特定と復旧が求められるが、原因が特定できていないだけにまだまだ復旧までに時間がかかりそうだ。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP