feet-984260_1920

高畑裕太の被害女性が嘘の可能性大これで事件の辻褄が完全一致

連日注目を集めている高畑裕太さんの騒動ですが、
一連の事件に関して被害者女性が嘘をついている可能性が非常に高いことが判明。

さらにその嘘をついている可能性を探ることで事件の不可解な点が
つながり始めるのです。



Sponsored Links



高畑裕太 被害者女性の嘘の可能性

高畑裕太さんの事件の不可解な点が以前よりさまざま指摘されており、

  1. 証言の食い違い
  2. 同意の有無
  3. 事件発生から通報までの空き時間
  4. 第三者からの通報での事件発覚
  5. 被害者女性が一人での勤務体制

これら5点が
今までの事件の報道でこれらの点が高畑裕太さんと被害者女性の間で食い違いが生まれており、
さらに事件の概要からも不可解な点とされていました。

しかし
被害者女性が嘘をついている可能性を考えればつじつまが合うのですが、
いったいなぜ嘘をつかなくてはいけなかったのか。

その理由が第三者の通報から読み取ることができるのです。



Sponsored Links



なぜ第三者の知人男性に嘘をつかなくてはならなかったのか。
この知人男性が被害者女性の彼氏だったようです。

その彼氏に被害者女性が嘘をつかなくてはいけない理由が高畑裕太さんとの浮気関係がばれてしまったため。

と考える事件の不可解な点がすべてつじつまが合うのです。

実は事件が発覚する前の段階で高畑裕太さんと被害者女性の関係性は出来上がっており、
すでに同意済みの関係でした。

そして事件当日も被害者女性がもう一人の従業員が仮眠室で寝ている隙を見計らい、
万が一気づかれた場合の口実として歯ブラシを頼まれたことにし自ら高畑裕太さんお部屋へ向かうのです。

こうすることで高畑裕太さんの部屋に向かった被害者女性ですが、
すでに同意の関係性だった為にいきなりの訪問にも高畑さんは追い返すことなく迎え入れます。

そして事件発生したとされる時間から通報時間まで二人で一緒に部屋の中で過ごすのですが、
ここで電話により被害者女性の彼氏に浮気がばれてしまったのです。

そこで被害者女性は彼氏にとっさに嘘をつきます。
口実として用意していた歯ブラシを持って行ったことそして同意の上ではなく無理やりだったと。

こうして嘘をつくことにより被害者女性は彼氏に自身の潔白を証明することができましたが、
彼氏の怒りは収まらずに通報されてしまい事件発覚に至るのです。

被害者女性が嘘をついた可能性を考慮するとこれほどまでに事件のすべての流れが自然につながるのです。

しかし
もしも被害者女性が嘘をついていたらという可能性の話であったのですが、
高畑裕太さんと母高畑敦子さんが面会したことにより様々な真実が母敦子さんに近しい人らから漏れ始め、
その中に高畑裕太さんと被害者女性とは事件の前からすでに関係があったこと、
さらに被害者女性から部屋を訪れてきたという情報も入ってきています。

そしてその事実は一緒にホテルに滞在していたスタッフも承知していたということも。

しかし
そんな事実よりも高畑淳子さんは面会時の疲れ切った息子裕太さんを見て、
多大なショックを受けてしまったようで、一刻も早くここから出してあげたいと考えて、
すぐに示談の交渉をはじめ現在に至るようです。

今回の一連の事件で示談を認めたことにより一緒に罪を認めたことになってしまい、
せっかく人気上昇中だっただけに惜しまれる声も聞こえますが、
母敦子さんはすでに無罪だったとしても息子の芸能界復帰を無理だと悟り、
一生息子の面倒を見ていくことを決意し示談を進めたとのこと。

イメージ第一の芸能界確かに今更無罪だとしても復帰は厳しかったかもしれません。

果たして今後事件はどのような進展を迎えるのでしょうか注目です。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 成宮寛貴の引退原因は!?理由は言うまでもなくフライデー薬物報道!!果たして薬物報道は真実なのか… - https://t.co/scfeaffDb6
    about 7時間 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. book-1031359_1920
  2. work-management-907669_1280
  3. head-172351_1280
  4. tokyo-960256_1920
  5. tokyo-1343663_1280
  6. man-164217_1280
  7. hands-1408480_1920
  8. man-937665_1920
  9. salad-374173_1920
  10. apple-691282_1280
PAGE TOP