handcuffs-964522_1920

高畑裕太の被害女性が逮捕を噂される・真実が明かされハニートラップ説が濃厚との声

高畑裕太さんが逮捕された一連の事件は大きな注目を集め時間の経過とともに事件当初とは違う
真相が明らかになり始め「被害者女性が逮捕されるべきなのでは」との声も上がり始めているが
果たして今後そのような可能性は出てくるのだろうか。

そして
気になる事件の真相はどのような形だったのだろうか。



Sponsored Links



高畑裕太事件被害女性が逮捕の可能性

高畑裕太さんの被害女性が逮捕される可能性まず考えられない。

今回の事件は高畑裕太さんが被害女性に手を出したことは変わらぬ事実であり、
この事実を踏まえた上での示談成立だったからだ。

確かに事件当初の報道時点から被害女性の証言の食い違いが現れており、
さらに事後報道でもパーティーに参加し笑顔で写真撮影をする姿を報じられている。

これらのことから被害女性が高畑裕太さんを陥れたのではないかとの考えに至ることも無理はない。
しかし
それらをすべて含めて高畑裕太さん側が示談を求めたことに変わりはなく、
高畑裕太さんも認めている通りに手を出してしまったのは紛れもない事実なのだ。

被害女性と知人男性の計画通りに高畑裕太さんに手を出させることに成功したとし、
例えハニートラップだったとしても高畑裕太さんが手を出したことを認め、
被害女性が被害にあったとしている以上、被害女性は被害を受けた側であり逮捕されることは考えられない。

しかし
ハニートラップ説が囁かれてはいるが実際の真相はどのようなものだったのであろうか。



Sponsored Links



実際はハニートラップであった可能性は低い。
高畑裕太さんが目を付けた女性が相手が悪かったためにこのような結果になったと言わざるを得ないだろう。

高畑裕太さんは被害女性と合意があったとしていたものの新たな報道によると被害女性は
「生理中だから」との断りを入れ、そのさなか強引にことに移った様子が報道されている。

2人で部屋に向かったのも高畑裕太さんが誘い、やむ負えずに部屋に向かうことも記されていた。

事件発覚後の被害女性の知人男性の速やかな対応がまた事前に準備していたハニートラップ説を
思い立たせるものだったがそこは知人男性の素性が広まるにつれ納得のいくものになる。

被害女性の知人男性は当初は弁護士とされていたが真実は弁護士よりもたちの悪い元組長、
しかも東京に本部を抱えており逮捕歴もある人物。

それに被害女性と知人男性の間柄が知人ではなく嫁と旦那という関係性であるからなおさらだ。

嫁が被害にあったとなり、さらに相手が人気上昇中の人気俳優で母親も大物女優となれば、
目の前の大金はすぐに見える。

高畑裕太さんを陥れようと事前に計画されていたのではなく、
高畑裕太さんが事件を起こした相手が悪かったために、事態が発展してしまったと考えるのが正しい。

被害女性が逮捕されるべきとの声も上がるが実際にはその可能性はやはりないだろう。
しかし
一連の事件の真相が大方の予想を裏切り高畑裕太さんに同情する業界関係者らも出てき始め、
業界復帰の話もすでに出始めているようだ。

もしかしたら再び高畑裕太さんが俳優として活動する日も遠くないかもしれない。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 石井健雄ドイツのヨーデル歌手!世界ナゼそこに?で放送される1万人を熱狂させる69歳の日本人 - https://t.co/WKrphliS91
    about 17時間 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. food-1257321_1280
  2. vitamin-b-871135_1920
  3. euro-870757_1920
  4. computer-820281_1920
  5. tokyo-tower-825196_1920
  6. tokyo-835566_1920
  7. portrait-915230_1920
  8. man-979980_1920
  9. bedroom-1006526_1920
  10. burnout-384086_1920
PAGE TOP