多治見市坂上町で通り魔事件!女子高生が切り付けられる!!犯人は165㎝前後の40代男性

12月8日午前8時ごろに岐阜県多治見市坂上町で、女子高生が切り付けられる通り魔事件が発生した。1人で登校中であった女子高生に犯人が近づき、手足を切り付けられ、軽傷を負ったという。その後、女子生徒は学校へ連絡し、学校から警察へ110番通報を行ったという。現段階では通り魔事件の犯人は確保されておらずに、多治見市の市民ら1万2千人に通り魔事件をメールで促し、被害拡大防止と早期解決に努めているという。



Sponsored Links



多治見市坂上町の通り魔事件の犯人

被害にあった女子高生からの証言で、捜査を担当している岐阜県多治見署は、犯人の特徴を、40歳前後の男性と公表、身長165㎝前後で犯行時は上下黒のスウェットを着用しており、フード付きの物であったという。さらにマスクも着用していたために、顔を詳しくは判別できなかったようだ。

通り魔事件が起こったのは12月8日の午前7:30ごろであり、岐阜県立多治見工業高校に通う2年の女子高生が、1人で通学中に前方から向かってきた犯人に切り付けられたという。犯行時、犯人は正面から女子高生の前に立ちふさがり、女子高生恐怖で尻もちをつき後退すると、犯人は覆いかぶさるようになり、左太ももと左手の甲をカッターナイフのようなもので切り付け逃げていったという。

犯人の凶器がカッターナイフのようなものであり、女子高生の被害も複数回にわたるものではなく、さらに軽傷ということもあり、強い恨み等によるものでない可能性が高い。他にも犯人に覆いかぶされるように切り付けられたのにもかかわらずに、犯人の顔を女子高生が明確に判断できなかったためにもおそらく初対面であろう。恐怖のあまり顔を忘れてしまった可能性も考えられるが、服装などを明確に覚えているためにも、その可能性は低いだろう。

しかし、犯人は凶器を持ち歩き、目立ちにくい上下黒の服装にマスクにフードと変装する準備はできており、犯行は計画的である様子がうかがえる。さらに犯行も切り付けるのみであり、強盗などその他の目的も見受けられない。そのためにもどのような犯行動機であるか、推測するのはかなり難しいものとなる。だが、近年はこうした無差別に被害を発生させる事件が多発しているだけにも、犯人の早期逮捕を願うばかりである。



Sponsored Links



多治見市坂上町の女子高生通り魔事件の世間の反応

怖かっただろうな
どこにも安全なんて存在しない時代になってしまった。
時間帯も場所も関係ないね。いつどこでも何があるかわからない。
動機が気になるニュースだね。無差別な通り魔なら一番怖い。
こういう殺傷事件の犯人は、ホント何がしたいんだろう…
目的はなんだろう?
この手の犯罪がホント多い。

多治見市坂上町での女子高生切り付けの通り魔事件。犯人の動機が分からない以上は、更なる被害の拡大の可能性も十分に考えられる。今現在も犯人は捕まっていないようであり、警察が付近を警戒中と云えど、まだまだ多治見市坂上町では危険な日々が続きそうだ。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP