hurricane-67581_1920

台風15号 2016年たまご発生米軍最新進路予想で連続して列島上陸の可能性

2016年は台風上陸が相次いでおり台風への意識も高まっている中、
なんと台風14号の発生と台風15号のたまご発生が、
すでに米軍とヨーロッパ中期予報センターの最新進路図にて出されております。

台風の上陸が続くだけに今後の進路が注目を集めています。

果たして台風14号と15号どのような進路予想がなされているのでしょうか。



Sponsored Links



台風15号 2016年たまご発生米軍最新進路予想

台風14号は12日に発生が予想され16日から17日にかけて九州に上陸する予想が
米軍とヨーロッパ中期予報センターの最新進路にて出されています。

そして
台風15号も続くようにたまごの発生が予想されており、
15日から16日にかけて日本の南
北緯20度東経150度付近での発生が予想されていて、
先に発生した台風14号よりも若干日本に遠いところでの発生。

しかし
ほぼ同時期での発生ということもあり、台風の成長に影響する海水温の環境なども
変化が見られないことからも台風15号は台風14号同等の勢力を持つことが予想されるのです。

あとは台風15号の時速が分かれば勢力をどの程度拡大しての進行になるのかがわかるのですが、
現段階でそこまでの情報がない状態になっているので今後の情報が待たれます。

進路のほうも台風15号現段階では予想が出されておりませんが、
過去のデータからどのような進路をたどる傾向にあるのか予想してみましょう。



Sponsored Links



過去に発生した台風情報で台風15号の進路を予想すると
このまま沖縄方面から九州方面への進路をとることが予想されます。

例年9月で日本の南に発生した台風はかなりの確率で沖縄九州方面に進路をとっていき、
さらに大雨になることも予想できるのです。

9月の台風は日本列島付近の前線の影響と重なり合い常に雨が強い台風になりがちで、
先の台風10号以降が非常に強力な雨であったのもそれらの影響になります。

2016年は連日台風の上陸が日本列島に続いており、
まだ台風10号の影響も癒えない中で12号から15号まで上陸の可能性が考えられ、
台風14号と台風15号に関しては日にちを開けないでの上陸になる可能性が高いです。

度重なる台風上陸に土砂崩れの可能性も格段に上がっており、
台風の2次災害の可能性が高まっています。

そのためにも今後の台風15号たまご発生から米軍とヨーロッパ中期予報センターの
最新進路予想には注意が必要でしょう。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 石井健雄ドイツのヨーデル歌手!世界ナゼそこに?で放送される1万人を熱狂させる69歳の日本人 - https://t.co/WKrphliS91
    about 2日 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. work-space-232985_1280
  2. aluminous-749358_1920-1
  3. runners-373099_1920
  4. blood-pressure-1573037_1920
  5. bald-742823_1280
  6. hand-977641_1280
  7. glass-1379822_1280
  8. erotic-1524731_1920
  9. soybeans-182295_1920
  10. lunch-box-1176449_1920
PAGE TOP