typhoon-1650677_1280

台風14号 九州上陸で影響大!温帯低気圧に変わるも勢力そのままに

台風14号の発生が米軍とヨーロッパ中期予報センターにより出されました。

発生場所もフィリピン付近とかなり南からの発生ということになりますが、
最新の進路予想によるとどうにも九州に上陸する恐れがありそうです。

今年はすでに台風が連続して上陸し各地に多大なる影響を与えているだけに
どのような進路が予想されているのか注目が集まっています。



Sponsored Links



台風14号 九州上陸で影響大

台風14号の九州上陸が予想されているのは9月16日。

非常に小型である台風14号上陸する直前まで今までの台風に比べて影響は少ないですが、
非常に勢力が強まることが米軍とヨーロッパ中期予報センターで予想されており、
台風13号よりもはるかに強い勢力であることがうかがえます。

さらに台風14号の発生が予想されいるのは10日であり、
かなり時間をかけてゆっくりと北上してくるためにも勢力を拡大しつつ上昇してくるでしょう。

今年は9月に入ってもまだ各地で猛暑日が続くほどの厚さを記録しており、
それは海上でも同じこと今年の海はまだ非常に高い温度を保っていて、
台風が成長するには非常に優れた条件となっているのです。

そのために海上で蒸発してくる海水を吸収して勢力拡大をはかりつつ、
さらに時間もかけてゆっくりと進行してくる台風14号。

かなりの降水量をもたらすことも考えられ、風速も50mを超すことから
上陸する九州への影響は多大なものがあるのでしょう。

しかし
丁度九州上陸と同じタイミングで台風14号は温帯低気圧へと変化する予想になっているのです。



Sponsored Links



ですが
九州に与える影響は変わりなくむしろ台風14号という形から温帯低気圧に変わったことで、
広範囲に広がり影響を与えることになりそうです。

九州地方には今年に入り台風上陸が続き地盤も緩んできたことでしょう。

大雨の予想が出されている台風14号なだけに事前に注意が必要です。

まだ先の話でありあくまで強い勢力を持ち上陸する可能性があるという段階ですが、
前もって事前に進路を予測することでこそ不測の事態に万全の態勢で臨めることでしょう。

これからの時期今後もまだまだ台風が発生することでしょう。
米軍とヨーロッパ中期予報センターの最新進路予想には常に注意が必要です。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 成宮寛貴の引退原因は!?理由は言うまでもなくフライデー薬物報道!!果たして薬物報道は真実なのか… - https://t.co/scfeaffDb6
    about 7時間 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. man-1394395_1920
  2. tokyo-1343663_1280
  3. shower-faucet-1296208_1920
  4. business-suit-690048_1920
  5. tokyo-960256_1920
  6. bald-742823_1280
  7. cruise-ship-interior-712257_1920
  8. lonely-1149764_1280
  9. shower-1502736_1920
  10. pillows-820149_1280
PAGE TOP