hurricane-11100_640

台風13号2016 たまご発生最新進路ヨーロッパ中期予報センター

2016年台風13号のたまごの発生がヨーロッパ中期予報センターにより明らかになりました。

ヨーロッパによる最新進路予想では日本列島を沿うように
進行していく予報になっているだけに今後の台風13号の動きが気になります。

そこで2016年台風13号がいつどこで発生し、
どのような進路予想が出されているのか調べてみました。



Sponsored Links



台風13号2016のたまご発生!最新進路ヨーロッパ中期予報センター

ヨーロッパ中期予報センターによると9月4日から9月5日にかけて、
沖縄県南の海上で2016年の台風13号たまごの発生が確認されています。

そして翌日9月5日から9月6日にかけて勢力を拡大し台風13号になることが予想され、
ヨーロッパ中期予報センターによる最新進路予想では同日に沖縄県に上陸する見通しです。

台風13号はそのまま進路を北東に進み、9月6日から9月7日にかけて四国に上陸し、
そのまま本州を沿うように進路を北東にとり翌日には東北地方に到達します。

現段階のヨーロッパ中期予報センターの最新進路予想では、
東北地方直撃時に台風13号が温帯低気圧に変わる予想が立てられていますが、
台風13号の勢力を残したまま温帯低気圧に変わりますので、
勢力も大幅に弱まることはないと予想されているのです。

そして9月8日から9月9日にかけては完全に台風13号が消滅していきます。

9月3日の時点で出されているヨーロッパ中期予報センターからの
2016年台風13号のたまご発生の予想ですのでもしかしたら違ってくるかもしれません。

ですがもしヨーロッパ中期予報センターの予想通りに台風13号が発生したのであれば、
どのくらいの勢力を保持しているのでしょうか。



Sponsored Links



2016年の台風12号より勢力は強いですが、
日本各地に猛威を振るった台風10号ほどの強い勢力を持つ台風には13号はならないです。

2016年の台風13号は非常に進行速度が速いためにたまご発生から2日前後で、
本州に上陸と上陸までの時間が非常に短く勢力を拡大する前に上陸することになります。

台風10号の場合は上陸せずに日本列島南の海上を右往左往してからの上陸だったために、
その間に徐々に勢力を拡大し強力な台風に変化しました。

その点を踏まえると台風13号はとても勢力の強い台風とはなりえません。

ですが台風であることに変わりはありませんので事前に
できるだけの対策を講じておくことが良いでしょう。

ヨーロッパ中期予報センターの情報から得た台風13号のたまご発生から最新進路予想でした。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 郡山市亀田でガス爆発事故!住宅全壊も死者はゼロ…深夜の住宅密集地で起きたガス爆発 - https://t.co/WSLr3IjSs7
    about 1日 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. man-164217_1280
  2. wild-865292_1920
  3. bedroom-1082262_1920
  4. retire-738801_1280
  5. love-1643452_1920
  6. hands-545394_1920
  7. treatment-1327811_1920
  8. head-172351_1280
  9. coffee-690349_1280
  10. book-1031359_1920
PAGE TOP