sea-1516116_1920

台風16号関東への影響は21日がピーク!強い風に乗り加速中!要警戒‼

非常に強い台風16号が現在屋久島の西約170km地点に存在し北東に時速30kmで進行中、
このまま進めば2016年6個目の台風上陸となりそうです。

そして関東にも大きな影響を与えそうで今後は台風16号は強い風に乗り速度を上げながら
21日をピークに関東を通過していく可能性が高くなりました。



Sponsored Links



台風16号21日が関東への影響のピーク

非常に強い台風16号は沖縄に接近するまでは非常にゆっくりと進行しておりましたが、
18日時点で日本の上空を流れる強い風に乗ることができた為に急激に速度を上げて関東に接近してきます。

19日未明に九州に上陸してから一気に加速して20日の未明から21日の午前中にかけて、
関東に影響を与えるピークになる予想です。

現在の関東付近には前線が停滞しており台風16号の接近に伴い暖かくて湿った気流が流入しますので、
雷を伴った非常に激しい雨が降り局地的に猛烈な雨が降る可能性がある為にも十分な警戒が必要になります。

現段階で関東での24時間雨量は100~200ミリと予想されており、
土砂災害、暴風、大雨、低地の浸水、河川の増水やはん濫などの警戒が出されています。

その後は温帯低気圧に変わり日本の東の海上に抜けていくようですが、
台風16号の通過に伴い前線が刺激される影響で今週いっぱいは関東の広い範囲で雨が続く予報です。

現段階では徐々に弱まりつつ関東に接近する予報ですが、
温帯低気圧となっても影響のほうは大きく出てくることですので、
どちらにしても十分な警戒が必要でしょう。

ちなみに今年の台風上陸数は過去に2番目に多いようです。



Sponsored Links



台風16号が上陸すれば今年6個目となって統計上は平成16年の10個の次に多い、
平成2年の6個と同じ2位の記録になるようです。

今年の台風は例年よりも発生が遅く9月に連続しての上陸ということになり、
日本列島各地に連続して多大な影響を与えております。

まだ台風が発生しやすい海域の状態は夏場と変わらずに台風が発生しやすい状態が続いており、
今後もまださらなる台風上陸の可能性も十分に考えられるのです。

さらに連続した台風の上陸で各地での地盤のゆるみでの土砂災害などの可能性も非常に高まっていて、
危険な状態になりますので、台風16号の接近時にも注意が必要でしょう。

関東への影響のピークも21日になるようですが、
しばらく雨の天気が続きますので二次災害には十分な警戒が必要です。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 郡山市亀田でガス爆発事故!住宅全壊も死者はゼロ…深夜の住宅密集地で起きたガス爆発 - https://t.co/WSLr3IjSs7
    about 1日 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. palm-1635143_1280
  2. fruit-1593544_1920
  3. man-164217_1280
  4. alone-62253_1920
  5. wild-865292_1920
  6. move-779696_1920
  7. man-776241_1920
  8. man-1209546_1920
  9. person-984124_1920
  10. business-suit-690048_1920
PAGE TOP