成功者は皆知っている…失敗を導く4つの悪癖

日本には「失敗は成功の元」という言葉がある。

この言葉が示すように失敗から学びを得て成功へと近づくためにも、失敗は成功の元というのは正しい。

世界的に有名な発明王エジソンも電球を作り出すのに1000回を超える失敗を経験しており、後に1000回のステップを踏んだだけと答えたことも有名であり、失敗から学びを得ることの有効性を示しているだろう。

しかし、失敗を犯すことが必ずしも成功へとつながるのかといえばその限りではない。失敗の中には成功へは導かれない不要な失敗も存在する。

そんな不要な失敗を犯してしまう悪癖をご紹介しよう。



Sponsored Links



■目次

1.成功への執着
2.失敗を恐れる
3.誘いを受ける
4.明日やろう

成功への執着

成功を成すためには成功への執着心も必要だろう。しかし、度が過ぎてしまえばまた話は違ってくる。

世の中にはいくら努力しても覆らない結果というものが存在する。

極論例えるのであれば、生身で宇宙の果てまで行きたいと努力したところで成功するわけはない。なぜなら人間の限界を超えているからだ。

他の物事においても同様にそれぞれに限界がある。物で例えるなら最強の鉾と最強の盾が同時に存在するはずがないように。

このように世の中にはすでに決まっている結果というものが存在し、いくら失敗を重ねたことで成功への学びは見出せない。ここでこの失敗を成功させるために執着していては無駄な努力であり、失敗の中にも失敗を学ぶ必要があるのだ。

失敗を恐れる

多くの人々が年齢を重ねてから語る「挑戦しておけばよかった」という願望。

そして、成功者たちは語る「行動しないのが一番の失敗」という成功の秘訣。

この両者とも語っているのが正しく成功の元であり、多くの人々は失敗を恐れるあまりに挑戦できずに成功を収められなかった。

確かに皆が挑戦して皆が成功するということはあり得ない。
しかし、挑戦しなくて成功はあり得ないということは、皆知りながらも行動を起こせない。

この行動力の差が結果に大きな違いを生み続ける。



Sponsored Links



誘いを受ける

周囲の誘いを受け時には環境を変えることで見えるものもあり、成功を導く可能性もあるだろう。

しかし、誘いを受ける事は同時に自身の成功を遠ざけている可能性もある。

例えるならば誘いを受けたことにより、本来その時間で努力することができたかもしれない。もっと学ぶことができたかもしれない。というように誘いを受けることは自身の時間を削っていることにも等しい。

明日やろう

明日やろうはバカ野郎という言葉がある。これはドラマ「プロポーズ大作戦」にて使用されたものであるが、現在においても広く使われている。

物事に関しては今やりだしても遅いということは数多く存在する。ビジネスに関して例えると充実しきった市場レッドオーシャンに今飛び込んでも遅い。

しかし、世の中には「今からでも遅くない」などの謳い文句が存在する。確かにこれも事実であり、行動することにまず意味がある。

しかしいずれ成功をつかむためには、誰よりも先に新しい物を目指すべきであり、先頭に立たなくてはいけなくなる。そんな競争の中で明日やろうの精神では争いに勝てるはずもない。

人生においては誰しもが多くの失敗や挫折を経験するだろう。

しかし、その先の成功に結び付ける方法を知っているのは、極一部の成功者たちのみだ。だが、一般にも知られている通りに失敗の果てに成功を得られることを多くの人々は知っている。

人生においての一番の失敗は、失敗を失敗と捉えていることにあるのかもしれない。

そんな失敗を乗り越えた成功者たちが共通して行っていることがある。

・大成功した人物たちの毎朝行うたった4つの成功への習慣

・エリートに共通するただ1つの休日の習慣

・その他の関連記事



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP