hands-375260_1920

下村博文 辞任迫られたスキャンダルの過去も自民党東京都連会長へ

9月6日に行われた自民党東京都連の幹部会で
元文部科学相の下村博文氏が会長に就任することが内定しました。

しかし過去に多くのスキャンダルを抱え辞任を迫られていただけにまさかの就任となり、
今後会長となることでさらなる追求がされることでしょうが、
自民党東京都連の会長にして大丈夫なのでしょうか。



Sponsored Links



下村博文 辞任迫られスキャンダル

2013年の違法献金に2015年の暴力団とのかかわりが報じられ辞任を迫られていたのです。

2013年には塾や予備校などの企業から7年間で1300万円の献金を受け通り、
他にも当時自身の担当する教育再生実行会議の委員に選出されていた佐々木喜一氏が
代表を務める企業から多額の献金を受け取っていたことがスキャンダルされました。

これらは政治資金規正法違反であり、企業からの利害関係上の献金ともいえます。

さらに下村博文氏のスキャンダルは続き、
2015年には大阪府警が暴力団とかかわりがある企業と認定した土木建築会社からも
献金を受け取っていたことが発覚し政治と金のスキャンダルには事欠かない人物なのです。

そんなスキャンダルが報じられたせいもあってか下村博文氏、
過去に一度辞任を申し出たこともありました。



Sponsored Links



それは東京オリンピック問題時に新国立競技場の設備計画が白紙になったことを受けて、
6か月分の給与の自主返納と辞任を首相に直に申し出たのです。

しかし
首相は辞任には値しないと辞任を引き留め辞任には至りませんでした。

過去に2度のスキャンダルが報じられていたにもかかわらずに
首相自らが今後も頑張ってほしいとの意向を伝えたのです。

当時はまだ政治と金の問題が大きく騒がれ始める前だったために
世間では大きな反応はなかったですが、今となっては過去と状況が違い、
政治と金の問題で辞任した前都知事、それに伴い新しい都知事は政治と金の問題を許さない。

そしてさらに
今回の自民党東京都連の幹部会により、下村博文氏が会長になることが明らかになりました。

小池都知事と都連の関係は連日取り上げられるほどの関係であり、
そんな中過去のスキャンダルを持つ下村博文氏を会長に立てる都連。

いったい今後どのような騒動に発展していくのでしょうか。

今後もまだまだ東京都政には注目が集まりそうです。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 郡山市亀田でガス爆発事故!住宅全壊も死者はゼロ…深夜の住宅密集地で起きたガス爆発 - https://t.co/WSLr3IjSs7
    about 1日 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. shower-1502736_1920
  2. beer-820011_1920
  3. urban-438393_1920
  4. tokyo-1343663_1280
  5. palm-1635143_1280
  6. coffee-690349_1280
  7. salad-374173_1920
  8. hands-545394_1920
  9. portrait-915230_1920
  10. frustration-1241534_1920
PAGE TOP