man-164217_1280

仕事のストレスでうつ病に労災をおろす方法とは?

近年はストレス社会といわれているだけあって
仕事でのうつ病発症率も年々増加傾向にあります。

そこで気になるのが労災はおりるのかということ。

仕事でのストレスが原因でのうつは労災がおりにくいという話も聞きますが
実際のところはどうなのか調べてみました。

その結果様々な事実が判明しました。



Sponsored Links



仕事でのストレスが原因のうつ病で労災に入れる

2011年12月以降に精神障害等の労災認定基準が発表され明確な基準ができた為に
仕事によるストレスが原因のうつ病なら労災は十分におりるのです。

そしてその精神障害等の労災認定基準には

  • 認定基準の対象となる精神障害の発病前のおおむね6ヵ月の間に、
    業務による強い心理的負荷が認められること
  • 業務以外の心理的負荷や個体側要因により発病したとは認められない

この2点が定められています。

簡単に説明すると仕事による強い心理的負荷が原因でうつ病等の精神疾患を
発病したのかどうかということです。

そして
この強い心理的負担にも明確な定義が労働省の定めた「職場における心理的負荷評価表」に
記載されてあり一例として、業務内容が変わった、仕事量が増えた、
パワーハラスメント、セクシャルハラスメント、配置転換、長時間労働(時間外労働が100時間程度)
などが仕事における心理的負荷評価表に記されているのです。

その為にうつ病と診断され労災を受け取るためにはいかに心理的負荷評価表に記載のある、
出来事を証明するかが最大の焦点になると考えられます。

いくら仕事のストレスでうつ病になったとしても心理的負荷評価表に記載のある、
心理的負荷が認められないと労災はおりないことになるのです。

そこでどのようにして心理的負荷評価表に記載のある心理的負荷を証明すればよいのでしょうか。



Sponsored Links



何らかの物的証拠が最も有効ですが他にも第三者を立てることが有効とされています。

物的証拠としてはタイムカードや人事評価表さらには医療診断の結果や医師の意見書などが有効とされ、
入手も困難でないことから最も確実な証拠であるといえるでしょう。

しかし
どうしてもそれら物的証拠が集められない場合は仕事内の第三者を立てることも有効とされていますが、
可能であれば物的証拠のほうがはるかに労災と認められる可能性は高いでしょう。

これらを駆使し仕事でのストレスが原因でうつ病などの精神疾患になったことが認められれば、
無事に労災もおり、病院は無料になるほかにも平均給与の80%を受給出来たりと非常に便利な保険です。

仕事でのストレスが原因でのうつ病だと疑われる場合は是非労災申請してみることお勧めします。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 成宮寛貴の引退原因は!?理由は言うまでもなくフライデー薬物報道!!果たして薬物報道は真実なのか… - https://t.co/scfeaffDb6
    about 7時間 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. cruise-ship-interior-712257_1920
  2. pillows-820149_1280
  3. tie-690084_1280
  4. shower-1502736_1920
  5. soybeans-182295_1920
  6. tokyo-835566_1920
  7. man-937665_1920
  8. portrait-915230_1920
  9. work-management-907669_1280
  10. beer-820011_1920
PAGE TOP