corridor-1729534_1920

肝付兼太が病気に!トムや名探偵コナンなど多くの人気作品で声優出演

肝付兼太が10月24日に病気のために死去していたことが所属事務プロデュースにより公表された。肝付兼太は生前に様々な声優をこなし、それいけ!アンパンマン(ホラーマン)ドラえもん(骨川スネ夫)名探偵コナン(寺井黄之助)トムとジェリー(トム)などを演じ人気を得ていた。また多くの藤子不二雄作品に声優として携わっていることも知られており、収録でアドリブを演じたのが藤子不二雄に気に入られ以後直接指名されて演じていき一躍人気声優に躍り出た。

死因となった原因は肺炎であり、10月20日に亡くなられており享年80歳。すでに葬儀は家族にて執り行われたと報じられている。



Sponsored Links



トムや名探偵コナンを演じた肝付兼太の病気

肝付兼太が患っていた病気の肺炎は原因別死亡率4位であり、主に65歳以上の高齢者が9割以上を占めている。主に感染性肺炎と云われる経路で発症し、感染源となるウイルスや細菌が肺に入り込んでしまい、炎症を起こし肺炎を発症してしまう。

肺炎は症状が高熱や咳や淡、息苦しいなど風と非常に似ているためからも自覚症状がわかりにくい病気としても知られている。医療機関での診療を受ければ聴診器で音を聞いたり、レントゲンで診察したりと比較的容易に発見が可能であるが、肺炎の症状が風邪に似ていることからも悪化するまで気づかずに発見が遅れることが多い。

比較的免疫力の低くなった高齢者や幼い幼児などに多く発症が見られるが、幼児の場合は予防接種が行われているために、幼児の死亡率は低い。また高齢者は人生経験上、肺炎の症状を風邪と認識していることからも早期発見がなされずに、死亡率が高くなっていると考えられている。

肝付兼太の場合も事前に入院報道や体調不良報道、また休業なども見られなかったために肺炎を風邪と思い込み、大事に至ってしまったものと思われる。名探偵コナン(寺井黄之助)トムとジェリー(トム)などを演じ、大物声優の地位を築いた人物がまた一人亡くなってしまい。業界には衝撃が走っているようだ。



Sponsored Links



肝付兼太は元々俳優を目指していたものの、母から俳優の顔ではないと一言、言われたことを機に顔出しのない声優の道を志し上京。しかし、声優になりたての当初は仕事がなく、旅行会社の添乗員や靴磨き、歯科医などを掛け持ちし生活していた。

しかし、国内アニメが盛んになると担当マネージャーが多くの作品にかかわっていたこともあり、声優としての仕事を得るようになる。しかし、マネージャーには「つまらない」と不評であった。そんな時に、思い切って声優としてのスタンスを変えアドリブで臨んだ収録をたまたま現場に来ていた藤子不二雄に目撃され、気に入られ以後、藤子不二雄から指名されるような形で、『ウメ星デンカ』、『チンプイ』、『モジャ公』以外の作品菅手で声優を演じた。

それ以降1981年ドラえもん・2000年トムとジェリー・2001年名探偵コナンなど様々な声優を演じ、2016年10月20日に肺炎の病気のために80歳で死去。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 成宮寛貴の引退原因は!?理由は言うまでもなくフライデー薬物報道!!果たして薬物報道は真実なのか… - https://t.co/scfeaffDb6
    about 8時間 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. fashion-1399344_1920
  2. tokyo-835566_1920
  3. night-view-1342591_1920
  4. man-979980_1920
  5. apple-691282_1280
  6. fruits-82524_1920
  7. person-984124_1920
  8. salad-374173_1920
  9. urban-438393_1920
  10. mistake-876597_1920
PAGE TOP