性の喜びおじさんの死因は病気!?出現場所での目撃情報相次ぎ死亡確定か……

性の喜びおじさんの死因となった病気は何なのであろうか。

3月11日の午後からネット上で性の喜びおじさんがなくなったという情報が流れ始めている。
きっかけとなっているのはメディアのニュースと一般のツイッターからの情報であるが、2つの情報から推測するに亡くなったのはほぼ確実というのが現実である。



Sponsored Links



性の喜びおじさんが死去

3月11日の午後21時ごろにメディアにて「午後、東京・世田谷区の東急田園都市線の車内で50代の男性が大声を出したあと、注意した乗客の男性の顔をいきなり殴るなどしたあとに桜新町駅のホームでで3人に取り押さえられ、突然、意識を失い搬送先の病院で死亡が確認された」とのことである。

そして、同じく電車内で暴行を働き取り押さえられている性の喜びおじさんが目撃されており、その情報が複数の一般の方によってTwitter上に投稿されている。

うわ、性の悦びおじさんが見ず知らずの乗客(盗撮してたのか?)に暴行をはたらいて警察に付き出される瞬間を目の前で目撃してしまった

性の悦びおじさん生で初めて見たわ→なんか動画で見るより暴れてないか?→突然その辺にいた乗客に殴りかかる→有志によって取り押さえられる←イマココ おそらく駅から警察に通報されるもよう

この2つの情報から亡くなったのが性の喜びおじさんではないかと考えられているのだ。

性の喜びおじさんの出現場所

性の喜びおじさんは都内のいたるところで目撃情報が相次いでいる。又その多くは電車移動が容易なところである。
実は性の喜びおじさんは東京都内のワンルームマンションを自宅としており、移動方法は徒歩又は公共機関となっている。
そのために比較的容易な電車で移動できる範囲での目撃情報が多くなっている。

ちなみに職にはついていないために目撃時間については朝から晩まである。



Sponsored Links



性の喜びおじさんの死因となった病気は

報道によると突然意識を失ったとのことである。
性の喜びおじさんは以前から病気とのうわさも流れており、汚言症ともされていた。
汚言症とは性の喜びおじさんのように卑猥な言葉や罵倒する言葉を無意識に発してしまう病気である。
しかし、この汚言症が直接死因に繋がったとは考えずらい。汚言症は確かに病気ではあるが死亡することはない。

そこで考えられるのは脳出血だろう。
性の喜びおじさんは3人に押さえつけられ、かなりの興奮状態と予想できる。さらに人は年齢を重ねると血管は老いていき切れやすくなってしまう。
当然50代の性の喜びおじさんの血管は老いており切れやすくなっており、そんな状況下で極度の興奮状態に陥ってしまい脳内の血管が切れて、脳出血で突然死となった可能性は非常に高い。

世間の反応

は? マだったらかなりビビる

マジならすげーな

これガチじゃねーか

これなんで死んだん? 取り押さえ方が問題あったんか

なんで取り押さえただけで死ぬんや 死因究明急いでくれ

ホントに死んでたらかなしいなあ



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP