drops-of-water-578897_1920

ポッカサッポロフード&ビバレッジミネラルウォーター回収対象と返品方法・発がん性物質を検出

ポッカサッポロフード&ビバレッジが10月29日に販売しているミネラルウォーターから発がん性物質が検出され、対象商品回収することを発表した。そのことにより、ポッカサッポロフード&ビバレッジが販売しているミネラルウォーターの回収対象製品返品方法に注目が集まっている。

ポッカサッポロフード&ビバレッジは対象商品に含まれている発がん性物質には、体重50㎏の人が毎日27.5リットル摂取しなければ発がん性には大きな影響はないとしながらも、対象製品すべての回収をはかるようだ。近日の日本社会は食への安心度が過去にないほどに上昇しているため、ポッカサッポロフード&ビバレッジもやむ負えず全製品回収を余儀なくされたのだろう。



Sponsored Links



ポッカサッポロフード&ビバレッジミネラルウォーター回収対象

ポッカサッポロフード&ビバレッジが発表したミネラルウォーター回収対象は、「富士山麓のきれいな水 2L」JANコード:4560151624075「富士山の清らかな水 2L」JANコード:4560151629162の二製品で計746万6658本。発がん性物質が検出されたのは、山梨県は「富士ピュア」(山梨県西桂町)で8月15日に製造された約4万5千本の「富士山麓のきれいな水 2L PET」からになるが、同じ工場で製造されている「富士山の清らかな水 2L PET」もポッカサッポロフード&ビバレッジが自主回収する方針だ。なお二製品に関しては、製造年月日問わずに全製品を対象に回収対象とするようだ。

今回の発がん性物質の検出にポッカサッポロフード&ビバレッジは「お客さまに多大なご迷惑を掛け、おわび申し上げます。品質管理を徹底し、再発防止に努める」とコメント。ただ製品に含まれていた発がん性物質は臭素酸という物質であり、検出された量は食品衛生法が定める基準値の2倍相当の1リットル当たり0.02ミリグラム。しかし、発がんする可能性は非常に低く、発がん性を含むミネラルウォーターを毎日27リットル以上摂取しないと発がんする可能性はほぼないという。



Sponsored Links



ポッカサッポロフード&ビバレッジミネラルウォーター返品方法

【送付先】
〒460-0008 名古屋市中区栄4-2-29
 ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社 「2L 水」係
 フリーダイヤル:0120-706-007
※後日、商品代金をお送りさせていただくため、ご送付にあたりましては、お客様の郵便番号、ご住所、お名前、お電話番号を必ずご明記くださいますようお願い申し上げます。
【お問い合わせ先】
ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社 お客様相談室
   フリーダイヤル:0120-706-007
   受付時間:午前9時~午後5時(土・日・祝日を除く)
※10月29日(土)、10月30日(日)は午前9時から午後5時まで受付いたします。
※お客様よりお知らせいただきました個人情報は、本件のお問い合わせ及びご返金手続きの為だけに使用し、他の目的では使用いたしません。
引用元ポッカサッポロフード&ビバレッジ

ポッカサッポロフード&ビバレッジは二製品のミネラルウォーターすべてを回収対象として、購入金額を返金して対応するという。

近年の日本社会は豊洲市場の有害物質の検出問題によって、食の安全性を非常に重視している。さらに昨日もはごろもフーズのシーチキンからも虫の混入が発覚し、多大な風評被害及びに製品の製造中止にまで追い込まれている。このような時代背景からもポッカサッポロフード&ビバレッジがとった発がん性物質が検出された製品以外もすべてを回収するというのは最善の策なのかもしれない。今後はポッカサッポロフード&ビバレッジ再発防止に努めていくようだ。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP