hand-977641_1280

酒やけで喉痛い時の最も簡単で効果的な治し方と事前の対処法

飲みすぎた次の日に声の調子が悪くて困ったことはないでしょうか。

原因はもちろん前日に飲みすぎたお酒による酒やけで、
喉痛い状態と声が出ない状態を招いている原因です。

しかしそんな状態では仕事に影響が出てしまいます。
そこで酒やけで喉痛い時に最も簡単で効果的に治す方法をご紹介し、
酒やけにならない為に事前に行える対処法もご紹介します。

これを知ることで飲みすぎた次の日でも酒やけになることはないでしょう。



Sponsored Links



酒やけで喉痛い時の効果的な治し方

酒やけで喉痛い時に最も効果的に治すには喉を乾燥させないことです。

酒やけになる原因はお酒に含まれるアルコールによって喉の粘膜を落としてしまい、
お酒の利尿作用により体内に乾燥を招きます。

さらにお酒が進むことによって口数も多くなることでますます喉を乾燥させる原因となり、
喉が乾燥することで炎症を起こしてしまい、声が出にくい、喉痛いと酒やけになるのです。

他にもお酒の席ではタバコもよく進みタバコの影響により
血管が収縮し血液の流れを悪くすることも酒やけを招く原因になります。

そんな乾燥によって発生した酒やけは喉を乾燥させないことで早期に治すことが可能です。

具体的な方法として

  • 加湿器をつける
  • マスクをする
  • しゃべらない
  • 水分補給をする
  • 飴やガムを食べる

これらが酒やけを治すのに高い効果を発揮します。

加湿器は常に自身の周りの環境に湿気を与えることにより喉にさらなる乾燥を与えるのを防ぎ、
マスクをすることで乾燥した空気を吸い込まないようにしさらに炎症を起こす元の菌の侵入を防ぐのです。

しゃべることによって喉に空気を送り込むことになり、乾燥を招いてしまいますので酒やけを早期に
治したい場合は極力しゃべらないほうが治りが早く、水分補給や飴などを舐めることで喉の乾燥を防ぎます。

これらの対策をとることで喉痛い酒やけも早期に治すことができるでしょう。

そしてそんな辛い酒やけにならないために事前に行える対処法をご紹介します。



Sponsored Links



  1. 酒以外にも水分を補給する
  2. はちみつや牛乳を飲む

これら2点が事前に酒やけを対処するのに効果的です。

上記でも説明した通り酒やけが起こる原因は主に乾燥になるためにお酒と一緒にお水などで
水分を補給し喉の乾燥を防ぐことによって酒やけを防ぎます。

さらにはちみつや牛乳には粘膜を保護する効果があり、はちみつや牛乳が粘膜を覆うようにして
アルコールの刺激から喉を守ることで乾燥を防ぐのに効果的です。

これらの対処法を行うことで喉痛い状態や声が出ない状態を防ぎ
翌日にも影響を与えずに済みます。

ちなみに酒やけを放置しておくと最悪の場合
咽頭癌や声帯ポリープになってしまいますので、
適量でだと健康に良いといわれるお酒でも十分飲みすぎには気を付けましょう。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 石井健雄ドイツのヨーデル歌手!世界ナゼそこに?で放送される1万人を熱狂させる69歳の日本人 - https://t.co/WKrphliS91
    about 17時間 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. alone-62253_1920
  2. pillows-820149_1280
  3. hands-545394_1920
  4. mistake-876597_1920
  5. bedroom-1006526_1920
  6. iphone-518101_1920
  7. bald-742823_1280
  8. stretchen-1634787_1920
  9. jacket-382581_1920 (1)
  10. tokyo-tower-825196_1920
PAGE TOP