alcohol-428392_1920

酒やけで顔が赤くなる事が続くと慢性疾患になる可能性・お酒を楽しむための正しい飲酒量

酒やけして顔が日焼けしたかのように赤くなることってないですか。

実はこの症状はアルコール依存症によく見られ、
酒やけで顔が赤くなることが続くと
いずれ慢性疾患になってしまう可能性が非常に高いのです。

そこで酒やけで顔が赤くなってしまう原因を徹底解説します。



Sponsored Links



酒やけで顔が赤くなる

お酒を飲むことで顔がすぐ赤くなることってありませんか。

これはお酒に含まれているアルコールを摂取することによって、
体内ではアルコールを代謝するために無理やり血管拡張を行うのです。

その為に体中の毛細血管が広がり血流が良くなることで顔が赤くなるという現象が起きています。
適量のお酒を飲み血管を拡張させて血流を良くすることは疲労回復や血行促進などの良い効果があるのです。

しかし
大量のお酒を飲み酒やけになってまで顔が赤いと状況が変わってきます。

摂取したアルコールの分解が肝臓でも追い付かずに長時間にわたり毛細血管の拡張作用が続くことで、
皮膚が徐々に薄く脆くなっていき、無理やり拡張されている血管が顔に出たままになってしまうのです。

これが酒やけで顔が赤くなる原因であり、
この症状が続くとお酒を飲んでなくても常に顔が赤いということになってしまい
アルコール依存症特有の顔の赤黒さと同じ現象が起きてしまいます。

そしてこの症状が酒さ(しゅさ)と呼ばれる慢性炎症性疾患なのです。

酒さになってしまうと鼻の周りの皮膚が厚くなる鼻瘤症状を発症したり肌荒れの原因ともなってしまい、
完治させることができずに症状を軽くする又は症状だ出ないように維持することしかできません。

となると断酒ということになるのです。

このようにお酒が飲めなくなる前に正しいお酒の飲酒量をご紹介しましょう。



Sponsored Links



厚生労働省が推進している適度な飲酒量が存在し

  • ビール 中瓶1本
  • 日本酒 1合
  • 焼酎 0.6合
  • チューハイ 1.5缶

が個人差はあるますが適量とされています。

この適量のお酒を飲むことによりイギリスの研究結果では摂取されたアルコールが血液内の
善玉コレステロールを増やして高血圧、虚血性心疾患、脳卒中などが原因の動脈硬化を防ぎ、
飲み過ぎや飲まないよりも適度に飲むことのほうが死亡率は低くなると
お酒が健康上に良いという結果存在するのです。

酒やけになってしまうほどに飲みすぎてしまうと顔が赤くなるほかにも
アルコール依存など様々な症状を発症してしまいます。

そうなる前にお酒とは適度に付き合うことで長く健康な人生を送れることでしょう。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 成宮寛貴の引退原因は!?理由は言うまでもなくフライデー薬物報道!!果たして薬物報道は真実なのか… - https://t.co/scfeaffDb6
    about 8時間 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. shower-faucet-1296208_1920
  2. pc-1207686_1920
  3. head-172351_1280
  4. fruit-1593544_1920
  5. team-386673_1280
  6. mistake-876597_1920
  7. soybeans-182295_1920
  8. portrait-915230_1920
  9. glass-1379822_1280
  10. bedroom-1006526_1920
PAGE TOP