佐伯健仁の幼稚園はどこ?港区聖徳学園園長がコメント「明るく元気で、外遊びの大好きな子だった」

神宮外苑での火災事故にて亡くなった佐伯健仁幼稚園どこかと注目を集めている。父親が港区で会社経営していた息子とあってのことだろう。将来も有望視されていたはずであるだけに悔やまれる事故である。

火災事故翌日の11月7日には佐伯健仁が通っていた幼稚園園長が記者団に亡くなった佐伯健仁について

「明るく元気で、外遊びの大好きな子だった」

とコメントしたほか、友達が泣いていると

『どうしたの? お母さんのところに連れて行ってあげようか』

などという優しい言葉をかけられる優しい子供であったようだ。それ故に関係者の間では、非常に衝撃的な事故となってしまった。



Sponsored Links



佐伯健仁の港区の幼稚園はどこ

佐伯健仁が通っていた幼稚園はどこか話題となっているが、港区にある聖徳学園三田幼稚園である。教育方針として、良い生活習慣を子供のうちから身につけて、知的教育のみならず、遊びを通じての正しい人間関係の構築など、大人になりしっかりと社会生活を送れることを教育方針としている。この聖徳学園は幼稚園から大学院まで兼ね備え、数ある保育園の中でも「保育の聖徳」と呼ばれるほどに関係者のにならずに保護者達からの信頼も厚い。ちなみに入学時には保護者を踏まえての面接もある。

そんなエリート幼稚園に通っていた佐伯健仁の突然の訃報に幼稚園内でも衝撃が走っており、佐伯健仁と同じ年中組の園児ら100人に担任が直接事故について伝えたという。

聖徳学園三田幼稚園の川並妙子園長曰く、佐伯健仁は活発に運動をし、好奇心旺盛で虫を捕まえに走ったり、園内の遊具で遊びまわったりと元気で明るい子供だったとのこと。佐伯健仁の父親のツイッターには佐伯健仁が生まれたときからの喜びや日々の様子を投稿しており、でき愛ぶりがうかがえる。事故後はツイッターにて息子を亡くした旨を語っており、深い悲しみの様子がうかがえる。

そんな佐伯健仁が亡くなった火災事故はいったいなぜ起きてしまったのだろうか。



Sponsored Links



佐伯健仁が亡くなった火災事故原因

専門家は起こるべくして起こった事故という。火災発生後に事故原因の詳細が語られることはなく、何が出火原因なのか特定されることがなかったが、日数が経過し様々な事実が発覚してきた。

出火した展示物には事故当日から投光器を使用し始めたという。使用された投光器は通常の照明とは異なり、非常に高温になることが知られており、200度近くに達する。そして展示物には燃えやすい木造であり、さらに木くずまで用意していたというから、まさにキャンプファイヤーのごとくあっという間に燃え上がる仕組みになっていたのだ。

今回の事件を受けて開催していたイベント主催者側は今後の火災についての安全性を考慮することを約束し、展示物制作の監督責任を持つ大学側も全面的にミスを認め謝罪した。

火災で亡くなったのが港区成徳学園三田幼稚園に通う佐伯健仁だっただけに保護者たちや園長はじめ関係者や世間の悲しみや怒りもすさまじい。イベント側と大学側の安全確認の怠りが招いた痛ましい事故であり、今後の再発防止に向けて全力を尽くしてほしい悲しい事故となった。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP