リビ充家族 とは!?意味は「リビングで家族が充実した時間を過ごす」社会が求めるリビングとは…

2017年度の流行を大手情報サービス会社リクルートが、住まい、社会人学習、キャリア、若年雇用、アルバイト・パート、進学、飲食、美容の8つの分野で予想した。このリクルートの予想は年ごとの社会の流れを情報から分析し、2017年度に社会のニーズが増加するであろう物の予想である。その中で、リクルートが2017年の住まい分野で、新たに流行するのがリビ充家族と予想した。果たして、2017年度に流行するリビ充家族とはどのような意味なのだろうか。



Sponsored Links



リビ充家族の意味とは

リビ充家族とは、広いリビングで家族で、主に生活する家族のこと。リビングで家族が充実した時間を過ごす、を意味する略称としてリビ充家族となる。大手情報サービス会社リクルートによると、2016年度の家族へのリビング調査の結果、自宅のリビングの広さを妥協したくないとの回答が7割近く存在し、それ以外の個室の広さを求めるのが2割と収まり、家族のニーズが、リビングに求められていることが明らかになっている。

さらに、家族のリビングで過ごす時間帯も8割と、自宅で過ごす時間の大半がリビングで過ごしているとの回答になっている。他にも最も個人の時間を大事にする思春期においても、リビングで過ごす時間が5割程度と調査の結果判明し、家族全体が総じてリビングで過ごす時間が多く、リビングにいることを望んでいることが判明する。

これらのデータを基に今後の住宅はリビングに力を注いだものへと移行していき、リビングの充実を図っていくことになる傾向が予測できる。そのために、2017年度の流行として、リビ充家族とリクルートが予想したのだ。実際にすでにリビングの充実に向けた住宅や家具などが登場してきており、今後は増々、リビング充実を目的とした住宅や家具が増えていくことになるだろう。

過去は主にテレビ鑑賞のスペースとして活用されてきたリビングであるが、夫婦共働きやタブレット端末の普及などにより、広々としたリビングで各々がくつろぎながら、個人の時間を過ごす場へと変化し始めている。こうした時代背景がリビ充家族を誕生させるきっかけとなったのだろう。



Sponsored Links



リクルート2017年流行予測

「リビ充家族」(住まい領域)  
「子けいこパパ」(社会人学習領域)
「ライフフィット転職」(キャリア領域)
「育成枠採用」(若年雇用領域)
「パズワク」(アルバイト・パート領域)
「Live(ライヴ)ラリー」(進学領域)
「おいし援」(飲食領域)
「バーバー新時代」(美容領域)
出典https://www.recruit.jp

これらがリクルートが2017年度に流行すると見込んだものである。どれもデータを基に算出しているが、業界全体がデータを基に形作っていくために、このデータが流行になるというよりも、データに沿い進めていく形になると思うが、果たして、2017年度8分野がリクルートの調査通りに進行していくのであろうか。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP