www-pakutaso-com-shared-img-thumb-uni125185920

小沢友喜殺人未遂で慶応大生を逮捕…彼女をホームに突き落とす凶行に慶応の名に再び傷が…

11月6日の夜に駅のホームに交際相手の彼女を突き落としたとして、殺人未遂の容疑で慶応大学法学部3年に通う小沢友喜逮捕された。事件が起きたのは東急東横線日吉駅のホーム、飲み会後とあり、二次会の予定の話し合いのさなかに小沢友喜と彼女の意見が分かれ、ホームに突き落としたという。小沢友喜はその後、現場から逃走していた。

ホームに突き落とされた彼女は軽傷を負ったものの、命に別状はなかった。しかし、すでに電車はホームの400m手前まで接近していたという。

近日、慶応大学が世間をにぎわせているさなかに起きた今回の小沢友喜逮捕。今後慶応側からの小沢友喜の対応などにおいても注目を集めそうだ。



Sponsored Links



彼女を殺人未遂逮捕された小沢友喜

小沢友喜は静岡随一の進学校沼津東高校を卒業しており、慶応大学法学部に入学したようだ。沼津東高校は静岡県沼津市岡宮にある県立の高等学校であり、21世紀を切り開くリーダー育成や社会で活躍できる人材育成を掲げている。偏差値は70と静岡県内トップクラスであり、逮捕された小沢友喜の頭の良さがうかがえる。もちろん慶応大学の法学部の偏差値も70と高い。

現在では逮捕された小沢友喜のフェイスブックが特定され小澤友喜の名前でアカウントが確認されている。尚画像もアップされており、複数の女性やビールとともに撮影と今回の殺人未遂に繋がりかねない素行が表れている。小沢友喜はおそらく普段からも彼女を含め、複数の女性たちと外に飲みに行く機会が多く、酒類が好きであったようだ。

今回の殺人未遂もこのような流れから、二次会について彼女と揉めてホームに突き落としたという。犯行動機がいたってシンプルであることから、小沢友喜には以前からの飲み会でも何らかのトラブルを抱えていた可能性もあるだろう。今回は運悪く場所がホームであり、事件に発展したと考えられる。

静岡県屈指の進学校に入学し、慶応大学法学部に所属と将来を有望視されていたであろう人材なだけに、惜しまれる事件になったであろう。そして、この殺人未遂事件は間違いなく、小沢友喜の所属校慶応大学にも降り注ぐだろう。



Sponsored Links



近日慶応大学はミスコン中止の原因となった広告研究会の不祥事に過去にないほどの注目を浴びている。つい先日も犯行に及んだメンバーらの慶応側の処分が言い渡され、退学ではない処分に批判が殺到した。さらに処分を受けないメンバーもいた。この原因には犯行メンバーらの親たちが各界の大物たちであるために処分を下せないとの意見もある。

そんな中、発生した小沢友喜の殺人未遂での逮捕。小沢友喜の経歴から予想するに一般家庭で育った印象が強い。そのために慶応側も強めに処分を通常なら下すところであろうが、先の広告研究会のメンバーとの比較もあるために、退学処分には処せない可能性もある。

今回小沢友喜が逮捕されたことで退学にすることで、広告研究会のメンバーが逮捕された場合に退学にせざるを得ないからだ。小沢友喜彼女を突き落とした犯行当時は酒に酔っており、判断能力が低下していたと考えられるが、慶応大学の相次ぐ酒のトラブルに、慶応大学のより一層の学生管理体制が求められそうだ。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP