大濠ハンナは障害!?喋り方に違和感…日本語も英語も喋れない新生おバカタレントなのか

大濠ハンナの喋り方に違和感を覚える人が多く、障害なのではないかと話題になっている。

大濠ハンナはスターレイプロダクション所属のハーフタレントである。所属事務所には、おバカタレントとして人気爆発中のりゅうちぇるもおり、大濠ハンナはりゅうちぇるが新おバカタレントと一押ししている存在だ。

容姿は白人と見違うようであり、ハーフタレントとというよりも外人に近い。顔もどこかハリウッド女優のアン・ハサウェイさんにそっくりだ。

そんな大濠ハンナは日本語よりも英語が流暢に話せそうな雰囲気もあるが、喋り方から障害を噂されているようだ。

芸名:大濠ハンナ(おおほり はんな)
愛称: ハンナ
本名:藤崎亜紀
生年月日 1987年10月23日
出身地:福岡県
血液型 O型



Sponsored Links



大濠ハンナの喋り方は障害

ハーフタレントやおバカタレントによくささやかれる喋り方からの障害説であるが、大濠ハンナに至ってはどうなのだろうか。

大濠ハンナは父親が日本人で母親がアメリカ人というハーフタレント。しかし、幼少のころから福岡県で過ごしているために日本語には馴染み深い。ちなみに容姿があまりにも外人風であるためによく外人に道を聞かれることがあるが、英語は全く話せないという。

そんな大濠ハンナの喋る博多弁は一部では「エセ博多弁」ともいわれており、違和感を覚えるもののようだ。

考えられる障害としては吃音症や発達障害などの喋り方に関する障害だろう。

吃音症は言葉が円滑に話せない障害であり、5歳までに発病する可能性は5%存在する。しかし、多くの場合は時間の経過とともに解決するとされている。

発達障害も喋り方に違和感を覚える障害とされているが、一般的には周りの空気を読めないために場違いな発言を繰り返すことが多いといわれている。

大濠ハンナの喋り方からこれらの障害の可能性が考えられているが、やはり一番考えられるのはキャラづくりだろう。



Sponsored Links



大濠ハンナの喋り方はキャラづくり?

現在の芸能界はハーフタレントブームであり多くのハーフタレントが活躍している。

マギー…スコットランド生まれのカナダ人と日本人のハーフ。
ラブリ…日本人とスペイン系フィリピン人のハーフ。
ダレノガレ明美…日本人とイタリア人のハーフ。
トリンドル 玲奈…オーストリア人と日本人のハーフ。
春香クリスティーン…日本人とスイス人のハーフ。
ローラ…バングラデシュ人と日本人のハーフ。

などなど現在活躍しているハーフタレントを挙げればきりがない。そんな中でも芸能界で異彩を放つために取り入れられるのがキャラである。その中でもハーフタレントや外国人タレントが用いるのが、日本語下手のキャラである。

奇しくも近年ではハーフタレントがすでに蔓延している中で、バラエティー番組に突如としてあらわれたウクライナ人と日本人のハーフ・滝沢カレンがたどたどしい日本語を引き下げ注目を浴びた。

以降バラエティー番組での露出も増え、人気番組「踊るさんま御殿」にもたびたび出演している。そんな滝沢カレンも喋り方から障害説が囁かれていた。大濠ハンナに関しても近年流行のおバカタレントとハーフタレントの典型のキャラを取り入れた日本語下手なおバカタレントを目指しているのかもしれない。

しかし、大濠ハンナを幼いころから知る地元民によると「一言で言うとめっちゃアホ」とのこと。つまりキャラではなく素でおバカなようである。それ故に日本語もあやふやなのかもしれない。

近年多様化が求められている芸能界で人気を集めているハーフタレント。その中において売れるために大濠ハンナはキャラを取り入れたのかそれとも本来の姿なのか。今後メディア出演が増えれば徐々に明らかになっていくことだろう。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP