奥多摩駐在刑事4のあらすじキャスト!心中事件に人身売買!?2つの事件の結末とは……

2014年からテレビ放送が開始された奥多摩駐在刑事が、12月14日に早くも奥多摩駐在刑事4が放送される。シリーズは元々警視庁捜査一課に勤務していた刑事、主人公の江波敦史が、取り調べ中の容疑者に自殺されたのを機に、奥多摩の水根駐在所の警察官に左遷されたところから始まっていた。12月14日に放送される奥多摩駐在刑事4は、そんな江波敦史が奥多摩に左遷されてから3年目の話になる。果たして、奥多摩駐在刑事4は、どのようなあらすじとキャストで展開されていくのだろうか。



Sponsored Links



奥多摩駐在刑事4のあらすじ

奥多摩駐在刑事4は江波敦史が奥多摩の水根駐在所に赴任してから3年目の出来事となる。奥多摩の水根駐在所に勤務して3年の江波敦史の元にある日、心中事件の報告が届く。早速捜査に当たると、心中を図った男女は産婦人科の開業医の男性と看護師の女性であることが判明し、2人が不倫関係に陥っていたことが判明するのだ。産婦人科医の男性は心中の前に不倫関係の清算を切り出しており、別れ話のもつれも原因と考えられていた。そんな中、心中したはずの産婦人科医の男性は一命をとりとめたという。

産婦人科医の男性が一命をとりとめたことにより、心中の経緯を聞いたために心中で亡くなった看護師の女性の詳しい死因は究明されずに心中を図ったための一酸化中毒としてかたずけられた。しかし、生前の看護師の女性を知る知人は、そんな心中をするような人物ではないと死因の究明がなされなかったことに疑問を抱き、江波敦史は早速捜査を開始するのであった。そんな中、産婦人科医が証言した通り、心中自殺のために七輪と練炭を購入していた事実が確認され、逮捕状が発行される。しかし、そんな産婦人科医の男性が他殺されてしまうのであった。

一方、心中事件とは別な事件が動き始めており、妊娠中のレストラン従業員が行方不明になる事件が起こる。レストラン経営者によると従業員の女性は望まぬ妊娠であり、出産に対して情緒不安定になることが多々あったという。しかし、そんなレストランの従業員も無事に発見され事なきを得るのだが、そこにNPO法人の代表が表れ、妊娠中のレストラン従業員を預かると言い出すのだ。

NPO法人の代表は養子縁組の仲介業を営んでおり、妊娠中の従業員の子供のことを心中を図った産婦人科医の男性から頼まれたというのだ。実はレストラン従業員は2年前にも同じ産婦人科で出産しており、子供をNPO法人の代表にお願いし、養子縁組を行っている。しかし、江波敦史がこの過去の事実を含めて調べてみると、どこにもNPO法人代表の養子縁組の記録や産婦人科医の養子縁組の記録がないのだ。

この事実に江波敦史は実はNPO法人代表や産婦人科医の男性が行っていたのは、養子縁組という名の人身売買ではないかと行き着くのであった。というのが、奥多摩駐在刑事4のあらすじになる。果たして、この後どのような展開を迎えるのか気になるところである。そして、奥多摩駐在刑事4に出演するキャストたちについてもご紹介しよう。



Sponsored Links



奥多摩駐在刑事4の出演キャスト

奥多摩水根駐在所の警察官 江波敦史  …  寺島進
金沢刑事  …  梨本謙次郎
警視庁捜査一課の管理官 加倉井国広  …  北村有起哉
警視庁捜査一課の刑事 南村陽平  …  中尾明慶
警視庁奥多摩警察署の刑事 石川刑事  …  つまみ枝豆

水根旅館の女将 池原美也子  …  市毛良枝
水根ストアの娘 沢井真紀  …  小林星蘭
美也子の息子・山岳ガイド 池原孝夫  …  鈴之助
奥多摩水根図書館の司書 内田遼子  …  笛木優子

レストラン経営者 篠原絵里子  …  白石美帆
妊娠をしたレストラン従業員女性 和久井愛菜  …  黒川智花
NPO法人代表 樋山好美  …  朝加真由美
産婦人科医 光石義則  …  乃木涼介

大和田勇樹  …  湯江健幸
大和田妙子  …  中山忍

奥多摩駐在刑事4ではお馴染みのキャストからゲスト出演キャストまで、多彩な面々が出演。公開されているあらすじからも難色を示す事件であるが、果たして、駐在刑事江波敦史はどのようにして事件を解決へと導くのであろうか。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP