沖田浩之の死因の理由は兄!川上麻衣子が真相を『芸能人が実体験を告白!最悪の一日』で語る

3月7日に川上麻衣子がテレビで初めて沖田浩之の死因の真相を語るという。

沖田浩之は芸能界デビューを果たす前には竹の子族として活動していたが、TBS系列のテレビドラマ『3年B組金八先生』シリーズに出演し、人気を博した芸能界デビューを果たしていた。
その後、俳優として映画やドラマに出演していたものの、突如36歳という若さで自殺を図ったのだ。

当時は各週刊誌がこぞって掻き立て死因の理由についても様々な推測がなされていたが、真相は兄の借金ではないかというのが大方の予想であった。
しかし、沖田浩之の死後18年。川上麻衣子がテレビで死の真相を告白するという。



Sponsored Links



沖田浩之の死因の理由は兄

沖田浩之が自殺を図った理由として語られているのは兄の借金である。

沖田浩之の父親は神奈川県川崎市内で不動産業やゴルフ会員権を扱う会社を経営する実業家であったが、年齢の増加と共に会社を沖田浩之の兄へと引き継ぐこととなった。

丁度時代はバブル時期だろうか。兄は不動産事業の拡大を図り一気に各方に投資を開始したという。
しかし、バブルは瞬く間に崩壊し、沖田浩之の兄は不動産業拡大に大失敗し多額の借金を背負うこととなった。

これ以降、兄が会社を引き継いでからというものの、会社の業績は右肩下がりになり、経営は悪化の一途をたどり借金は膨らみ続ける一方だったという。

そうした会社の経営が行き詰った中で、1996年に沖田浩之の父親は兄の会社の借金を返済すべく、保険金を自らにかけ自殺を図ったのだ。
こうして一時は会社の借金が返済されたものの、会社の経営は立て直すには至らずに借金は膨らみ続けてしまう。
そして、借金は会社の連帯保証人となっていた沖田浩之へとのしかかったのだという。

この事実は沖田浩之の葬儀の際に兄が親族に実際に漏らしていた言葉である。しかし、沖田浩之の兄は沖田浩之の名誉のために借金による自殺説を否定し続けていたために、沖田浩之の真相は有耶無耶になっていたのである。

沖田浩之は父の死に際をまねて自殺で借金返済を企てたというのが真実のようであるが、川上麻衣子がテレビで初めて死の真相を語るという。



Sponsored Links



川上麻衣子が語る沖田浩之の死の真相

川上麻衣子は沖田浩之とドラマ「金八先生」で兄弟仲を演じた仲であり親交が深かった。そして、沖田浩之が自殺を図る数日前に川上麻衣子は沖田浩之と接触していたという。

しかし、当時の川上麻衣子は沖田浩之が自殺するなど考えてもおらず、又、借金があったことなど知る由もない。
そのために沖田浩之と接触した際には神妙な顔をしていたというが、川上麻衣子は詳しく取り合うことはせずに、適当にあしらってしまったという。
その数日後、世間には沖田浩之自殺のニュースが流れ始めて、川上麻衣子は自身があの時にしっかりと沖田浩之の話を聞いていれば、このような事態にはならなかったのではないかと後悔し続けているという。

この真相について、川上麻衣子は3月7日放送の『芸能人が実体験を告白!最悪の一日』で語るという。
果たして今まで語られることのなかった新たな真実が語られることになるのであろうか。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP