neon-1149125_1920

岡本泰良不倫相手はホステスで嫁は大分に!日教組委員長の単身赴任中の大スキャンダル

日教組委員長岡本泰良単身赴任先の東京にて、
不倫していることを画像写真付きで10月13日発売の週刊新潮にて報じられる。

週刊新潮によると不倫相手は40代のホステスであるとのことで、
岡本泰良は結婚しており子供もいる。

日教組委員長ともなれば全国の教員のトップに立つ人物であるが、
その岡本泰良の不倫報道はまさしく現代の日本社会の教員の質の乱れを
生む現状の表れに他ならない。

この日教組委員長岡本泰良の不倫報道は個人のみならずに、
教育界にも大きな影響を与えることだろう。



Sponsored Links



嫁は大分に置き去り日教組岡本泰良の不倫相手はホステス

日教組委員長の岡本泰良は結婚もしており、
嫁と子供は地元の大分にいる中での東京への単身赴任中であった。

不倫相手のホステスは赤坂の会員制クラブに勤務する44歳で歌手としても活動している。
この不倫相手も旦那と子供が2人いる為ダブル不倫だ。

岡本泰良と不倫相手が目撃されたのは10月3日の夜。
食事済ませた後の2人は東京池袋のラブホテル街を散策しあたりを警戒するように、
別々の入り口からホテルの入った。

3時間半後に先に岡本泰良が退出し数秒後に不倫相手も退出、
タクシーに乗車し先に岡本泰良が降りた後に不倫相手は自宅前で降りたのだ。

ちなみにこの時の領収書は日教組名義で切られている。

後日に週刊新潮の記者は取材に向かい岡本泰良を直撃。
当初は2人でホテルの外観を見ていたと不倫関係を否定していたものの、
不倫相手がその後に不倫関係を認め始めて複数回の不倫関係があったことを認めた。

この週刊新潮の報道で日教組委員長岡本泰良の
単身赴任中の不倫スキャンダルが発覚するのだが、
今回のスキャンダルはさらなる事態に飛び火しそうだ。



Sponsored Links



日教組委員長岡本泰良は不倫相手のホステスの店に
飲食代として1000万円も経費で落としていた可能性があるのだ。

岡本泰良は月に2回ほどの頻度でホステスに会いに通い、
日教組委員長就任後は月1回と頻度は減ったものの1回で100万円使うこともあったと云う。

さらに驚きなのがすべての領収書を日教組で切っていたと店側が主張している。

日教組は2015年の2月に使途不明金を1000万円出して問題となっていたが、
2代前の日教組からこのホステスの店に通うようになっていたために、
このホステス通いに1000万円使われていた可能性もあるのだ。

今年3月に日教組委員長に就任したばかりの岡本泰良であるが、
今回の嫁を大分に置いたままでの単身赴任中での不倫報道で
辞職を迫られる可能性も十分にあるだろう。

近年の教育界の不祥事は目に余るがトップがこれでは、
教育界の崩壊も最早止む負えないのだろうか。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 石井健雄ドイツのヨーデル歌手!世界ナゼそこに?で放送される1万人を熱狂させる69歳の日本人 - https://t.co/WKrphliS91
    about 2日 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. book-731199_1920
  2. human-890962_1920
  3. tokyo-1343663_1280
  4. lunch-box-1176449_1920
  5. hands-1408480_1920
  6. men-1198041_1920
  7. stretchen-1634787_1920
  8. stretchen-1634784_1920
  9. euro-870757_1920
  10. glass-1379822_1280
PAGE TOP