岡田大舞の小学校と事故現場はどこ!?知多市岡田美里町事故で亡くなる…相次ぐ高齢者自動車運転の犠牲に

12月1日の17:55頃に愛知県知多市岡田美里町で発生した事故により、近くに住む小学校2年生の岡田大舞が亡くなった。容疑者として逮捕されたのは、岐阜県関市下有知の運送業アルバイトの川合栄太郎79歳である。近日相次いで発生している高齢者の自動車運転事故であるが、このたびの知多市岡田美里町事故も、度重なる高齢者による自動車事故に続いた形だ。事故現場となったのは、報道によると片側一車線の直線道路であったと云い、川合栄太郎は気づいたら何かにぶつかっていたと話している。相次ぎ発生している高齢者による自動車事故により、幼い命が奪われた知多市岡田美里町事故は今後さらなる波紋を呼びそうだ。



Sponsored Links



岡田大舞の小学校と事故現場はどこ

知多市岡田美里町事故で亡くなった岡田大舞は、事故現場の近くに住んでいたことが報じられている。しかし、肝心の事故現場は明確に報じられておらずに、報道の映像からの割り出しになるが、おそらく、愛知県知多市岡田美里町の県道46号線であると考えられる。県道46号線は知多市から高浜市までを繋ぐ、比較的直線が続く道路であり、報道にあった通りの片側一車線道路となる。さらに、報道映像とストリートビューも酷似しているためにほぼ確実だと考えられている。

そして、愛知県知多市には10校の公立小学校が点在しており、事故現場と考えられる県道46号線付近の小学校となると、知多市立岡田小学校と知多市立旭北小学校の2校が挙げられる。そのために岡田大舞が通っていた小学校は、知多市立岡田小学校か知多市立旭北小学校のどちらかになるだろう。

12月1日に発生した知多市岡田美里町事故では、岡田大舞がスイミングスクール帰りに道路を渡っていたところ、川合栄太郎が運転するトラックが突っ込んだという。事故現場付近には横断歩道や信号機等もなく、スイミングスクールの送迎バスを降りて、反対車線にわたっていたところでの事故だったようだ。しかし、いったいどのようなことが原因で、知多市岡田美里町事故が発生してしまったのだろう。



Sponsored Links



知多市岡田美里町事故の原因

知多市岡田美里町事故の報道によると、亡くなった小学校2年生の岡田大舞は全身を強く打ち亡くなったとのこと。この全身を強く打ちというのは、報道で使われる隠語であり、原形をとどめていない様を現す。つまり、事故現場ではトラックが相当な勢いのまま、突っ込んだことが明らかになる。さらにトラックの運転手川合栄太郎も「ぶつかったのは間違いない」としているものの、状況をイマイチ把握できていないような証言にも感じられる。

これらのことからおそらくトラック運転手の川合栄太郎は、事故現場で事故を起こすまで、道路を横断していた岡田大舞に気づかなかったのだろう。川合栄太郎が運送業アルバイトということもあり、普段から県道46号線を使用していたためか、直線道路であり、横断歩道も信号もないために前方への注意を怠ったのだろう。その結果、知多市岡田美里町事故が発生したと考えられる。

近日では、高齢者による自動車事故が相次ぎ問題視されているが、知多市岡田美里町事故においては、川合栄太郎の老いによる操作ミスというよりも、根本的な前方不注意が事故原因の可能性が高いだろう。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP