the-syringe-1291127_1920-1

大口病院の犯人はインタビューの介護福祉士も皆知っている可能性が非常に高い

横浜市神奈川区の大口病院で点滴に異物が混入された事件で、
新たな犠牲者が確認され一連の事件の闇の深さを思わせられますが、
そんな中で点滴に異物を混入させた犯人は、
テレビ局にインタビューを受けていた人物ではないのかと噂になっている。

その人物は介護福祉士ともされているが、
果たして事件との関連性はいかほどなのでしょうか。



Sponsored Links


大口病院でインタビューを受けた介護福祉士

大口病院では今年に入り様々な院内トラブルが報告されており市の職員による指導も入ったばかりで、
このきっかけを作ったのは院内でのトラブルを市に連絡していた人物がいた為になる。

そして
この人物は市とともに自身のツイッターでも院内で発生していたトラブルを発信していたのだ。

事件の謎が連日深まるにつれて各報道機関の目は事前にトラブルの情報を発信していた人物へとむけられた。

その人物は大口病院の介護福祉士とされている人物である。

そして
一つのテレビ局が情報を発信し続けていた介護福祉士のインタビューに成功したのだ。

介護福祉士によると今年に入り大口病院で発生していたトラブルは自身の嫁である看護師めがけて行われ、
近日では徐々に内容がエスカレートしていったという。

その為に介護福祉士は自身の嫁を案じて情報を発信し続けていたとのこと。

しかし
エスカレートする嫌がらせは患者に向けられ犠牲者を出すにまで至ったようだ。

犯人の心理としては自身の犯行を広めたい自身の存在を知らしめたいという心理が働き、
自ら情報を発信する傾向にあるが、インタビューを受けた介護福祉士は嫁を案じての情報発信だったことから、
点滴に異物を混入させた犯人である可能性は低いと考えられる。

しかし
大口病院内ではすでに犯人の目星はついているのではないかとも考えられている。



Sponsored Links


事前に市の立ち入りがあったことに加えて頻繁に起こっていたトラブル、
これらを考えると大口病院内では目星がついていた可能性が高い。

院長も院内の犯人の可能性を否定できないとしたものの、
最近の若い世代の考えは・・・
という発言も残されている。

大口病院では看護師内でのトラブルが起きていたに違いない、
そして若い看護師との間でトラブルがあり、
若い看護師が上司に嫌がらせを働いているうちに徐々にエスカレートしていき、
今回の点滴異物混入にまで至ったのではないかと考えられる。

インタビューを受けた介護福祉士も含め大口病院内の関係者は、
すでに犯人の目星がついていると考えられるが現段階ではまだ捜査段階になる。

犯人が捕まり次第病院関係者から直ちに犯人の素行が報じられることだろう。
果たしていったいどのような動機で犯行に至ったのか。
大口病院の事件はまだ闇が深そうだ。



Sponsored Links


Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 郡山市亀田でガス爆発事故!住宅全壊も死者はゼロ…深夜の住宅密集地で起きたガス爆発 - https://t.co/WSLr3IjSs7
    about 1日 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. cruise-ship-interior-712257_1920
  2. alcohol-428392_1920
  3. fruit-1593544_1920
  4. alone-62253_1920
  5. team-386673_1280
  6. soybeans-182295_1920
  7. book-1031359_1920
  8. work-space-232985_1280
  9. tokyo-1343663_1280
  10. man-1209546_1920
PAGE TOP