new-york-668616_1920

ny爆発の場所はどこ日本人被害者は今現在不明二個目の爆発物も

日本時間の9月18日に午前にアメリカny爆発事故が発生、
今のところ日本人被害者の確認は取れていないようです。

ニューヨークの中心地での爆発ということでテロとの見方もされており、
現在二個目の爆発物も見つかったともされていますが、
いったい場所はどこで起きた事故なのでしょうか。



Sponsored Links



ny爆発事故の場所はどこ

ny爆発事故があった場所はアメリカニューヨークのマンハッタン南西部チェルシー地区の繁華街大通り、
骨董店やギャラリーが集る最新アートの発信地とされる場所の飲食店などが並ぶ一角で、
事故当日も土曜日の夜ということで多くの住民や観光客が行き交い食事などを楽しむ人々で混雑していた。

「鼓膜がおかしくなるほど大きな音だった」

とも報道され道路上に設置されていた鉄製のごみ収集用容器が爆発した可能性か
ごみ収集容器付近で爆発が生じた可能性が高いようです。

建設用の爆発物が偶然爆発してしまった可能性もあるとされていますが、
ny爆発事故を受けて緊急で記者会見を行ったニューヨークのデブラシオ市長は

「テロと関連付ける証拠は見つかっていない」

と発言したものの爆発は

「間違いなく故意によるものだ」

と事故ではなく事件としての可能性を示しています。

さらにアメリカ警察によるとny爆発事故現場から数百mの場所にも新たな爆発物らしきものが確認され、
2個目の爆発物の可能性もあるとし現在調査中。

先日もアメリカ東部のニュージャージー州のマラソンを狙ってny爆発事故同様に
道路脇のごみ収集容器に設置された小型のパイプ爆弾による爆発事件が起きており、
マラソン大会の会場が中止になりFBIが捜査を進めている中の今回の事故。

やはりテロとの見方も出ていますが近年活発に活動が進み世界各地でテロ行為を働いている
国際テロ組織からの声明等は今のところ確認は取れていませんが、
ニューヨーク中心地での爆発ということで十分に可能性も考えられる。

被害者は確認できているのが29名で重傷者は1名日本人は含まれていない様子。

しかし
まだ声明は出されていませんが事故現場の性質上テロの可能性が高そうです。



Sponsored Links



テロなどは金曜から土曜の夜に最も頻繁に行われるともされており、
最も多くの人々が様々な理由で外出し無差別に狙うのであれば最適とされているからです。

無差別に多くの人々を巻き込むことにより強く組織の存在をアピールするため。

今回のny爆発事故も土曜日の夜での発生であり場所も飲食店付近であり多くの人々が集まっていたようで、
まさにテロを行う上では最適な場所と考えられます。

現在2個目の爆弾を調査中であり先日に引き続きの爆発ということもありテロの可能性が非常に高そうです。

日本人被害者は今のところ含まれてなさそうですがしばらくは混乱が続きそうです。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 港区北青山多重事故発生!乗用車2台タクシー1台バイク1台自転車1台歩行者1人を巻き込む事故 - https://t.co/4dZwEQbwPU
    about 44分 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. frustration-1241534_1920
  2. book-731199_1920
  3. beer-820011_1920
  4. fashion-1399344_1920
  5. shower-1502736_1920
  6. book-1031359_1920
  7. man-1394395_1920
  8. soybeans-182295_1920
  9. tokyo-tower-825196_1920
  10. man-742766_1920
PAGE TOP