新妻聖子の大物歌手は誰!?舞台共演で土下座させたのはナオト・インティライミか…

12月4日放送の「行列のできる法律相談所」では、ゲストたちが、今だからこそ言える「自分はあのときどうかしてました」というテーマでエピソードを語る。その中でも一際、衝撃的なエピソードを語っていたのが、舞台女優や歌手として活動している新妻聖子だ。新妻聖子は主に舞台女優として活動していたが、近年ではカラオケ番組に出演し、世間にも広く知られるようになり、バラエティー番組への露出も増え、活躍の機会を広げつつある。そんな、新妻聖子がかつて、舞台で共演した大物歌手に、暴言を吐かれたことに激高し、みぞおちにパンチをお見舞いして、土下座させたという強烈なエピソードを告白する。そして、新妻聖子にみぞおちパンチを食らい、土下座させられた大物歌手とは、誰なのかと注目を集めている。



Sponsored Links



新妻聖子が土下座させた大物歌手は誰

新妻聖子が土下座させた大物歌手が誰か、についての情報は、舞台で共演したことがあるということと、「35歳のババア」と暴言を吐かれたということのみである。これらの新妻聖子の発言から大物歌手を推測していくと、新妻聖子が35歳時に舞台で共演した大物歌手ということがわかるだろう。この新妻聖子が35歳時に出演した舞台は2016年「DNA-SHARAKU」「王家の紋章」の2舞台のみになる。そして、「DNA-SHARAKU」に出演していた共演者らは、ナオト・インティライミ、小関裕太、坂元健児、田野優花、ミッツ・マングローブ、藤岡正明、Spi、大野幸人、Miz、朝海ひかる、中川晃教、イッセー尾形になる。さらに「王家の紋章」では、浦井健治、宮澤佐江、宮野真守、平方元基、濱田めぐみ、山口祐一郎、伊礼彼方、愛加あゆ、出雲綾、矢田悠祐、木暮真一郎になっている。

ここからさらに歌手に特定していくと、ナオト・インティライミ、藤岡正明、Miz、中川晃教、宮野真守、出雲綾の以上6名になる。そして、他にも新妻聖子は土下座させた大物歌手について語っていたことがあり、2016年6月7日に放送された踊るさんま御殿でのことだ。さんま御殿出演時に、「35歳のババアだ」と云われたほかにも、舞台の相手役であることを明かしている。つまり、大物歌手は異性であり、男性であることが発覚し、舞台の役柄からも大物歌手に迫ることが可能となる。



Sponsored Links



新妻聖子と「DNA-SHARAKU」「王家の紋章」の舞台で相手役を演じた男性歌手は、ナオト・インティライミと宮野真守の2人になる。そして、さらに大物歌手ということを付け加えるとナオト・インティライミということになるだろう。奇しくもそんな、ナオト・インティライミと新妻聖子が12月4日放送の「行列のできる法律相談所」で、共にゲスト出演を果たすが、番組内では新妻聖子の口から土下座させた大物歌手が誰かについて、実名公表されることはあるのだろうか。

ちなみに2016年6月7日に放送されたさんま御殿では、新妻聖子が相手も冗談で言ってきたと話しており、2人の関係は後には響いていなそうである。そのためにも「行列のできる法律相談所」での共演が叶ったのかもしれないが、番組内で事の真相が語られるかもしれない。
 



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP