book-731199_1920

眠いと仕事にならない時に最も効果的な対処法と驚き効果

仕事中のどうしても耐えられない眠い時、
そんな時にいくら仕事を頑張ろうとしても仕事にならないとお困りではありませんか。

そこでそんな眠くて仕事にならない時に
最も効果的な対処法と驚きの効果をご紹介。

この方法を知ることで早期に眠い状態を脱することを可能にし、
仕事の効率性を素早く上げることができるでしょう。



Sponsored Links



眠いと仕事にならない時の対処法

昼寝をすることが仕事にならない眠い時を最も効果的に対処できる方法です。

人間が眠くなる理由は2つ存在し体や脳に疲労が蓄積され疲労回復をはかるために眠くなる時と
人間の活動サイクルである体内時計が夜を迎えることで自然と眠くなります。

そして
仕事中の眠気は疲労の蓄積が原因であり、
疲れの原因である疲労の蓄積を解消することでしか眠気を解消するのは難しいです。

脳が疲労回復のために一度機能を低下させると回復するまでに1-2時間ほどの時間がかかってしまいます。
この間眠気を冷ましながら仕事を行うことは非常に効率が悪く、
眠い時の脳は通常時よりも情報伝達速度が遅くなることが研究結果で証明されており、
この間の脳の機能は通常時の半分程度にまで減少してしまうのです。

そんな状態で1-2時間も仕事を眠気を覚ましながら行うことは非常に非効率であります。

そこで昼寝をすることが脳の機能を素早く回復させる唯一の方法なのです。



Sponsored Links



10-30分での昼寝で得られる睡眠効果は夜の睡眠時の3-4時間分に相当するともいわれ、
さらに昼寝による疲労回復効果は夜の熟睡時の3倍の効果が確認されていて非常に昼寝の効果は高いのです。

他にも今までの活動で得ていた様々な情報を昼寝することにより脳が整理を行い、
記憶力が向上したという研究結果もアメリカの研究により明らかになっています。

しかし
これ以上長い睡眠をとってしまうと再び脳が活性化するのに時間がかかってしまうために
30分までを目安に昼寝を行うのが最も効率的です。

眠いのを我慢しながら仕事にならない状態で1-2時間仕事を続けるよりも眠くなったら30分程度の昼寝を行う、
こちらのほうが明らかに時間効率も作業効率も高いのです。

昼寝を行うのでしたら横にならずに座ったままのほうが効果的で、
横になってしまうと脳が完全に睡眠に入ってしまい再び活動するまでに時間がかかってしまいます。

これらのことから仕事にならない眠い時は30分程度の仮眠をとることが最も効率的な方法といえるでしょう。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 郡山市亀田でガス爆発事故!住宅全壊も死者はゼロ…深夜の住宅密集地で起きたガス爆発 - https://t.co/WSLr3IjSs7
    about 1日 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. salad-374173_1920
  2. tokyo-tower-825196_1920
  3. night-view-1342591_1920
  4. alcohol-428392_1920
  5. man-776241_1920
  6. man-937665_1920
  7. portrait-915230_1920
  8. frustration-1241534_1920
  9. computer-1245714_1920
  10. man-979980_1920
PAGE TOP