www-pakutaso-com-shared-img-thumb-00_pp62_pp

夏野亮フジテレビ幹部がレコード会社社員に悪質セクハラ!?週刊文春が報じた全容がヤバい…

11月24日発売の週刊文春にて、フジテレビ幹部夏野亮レコード会社の女性社員悪質なセクハラを働いていた事実が掲載された。週刊文春の直接取材に夏野亮は曖昧な回答で返答を濁し、悪質セクハラを否定した。しかし、セクハラを受けた被害者所属のレコード会社に確認したところ、事実と認め、フジテレビに抗議文を提出した旨と後日、関係者が謝罪に訪れたことを明かした。

これらのことから、夏野亮がレコード会社社員に悪質セクハラを働き、フジテレビが認め謝罪を行ったことになるが、果たして、どのようにセクハラが行われたのであろうか。



Sponsored Links



フジテレビ幹部夏野亮の悪質セクハラ

フジテレビ幹部夏野亮が悪質セクハラを働いたのは、「FNSうたの夏まつり」の打ち上げが行われた7月18日のこと。六本木の飲食店で行われた打ち上げには、フジテレビ関係者や、レコード会社関係者など40名近くが集まっていた。夏野亮と云えば、フジテレビでは、制作局第二制作センター室長を務め、「めちゃイケ」「RIZIN」などを務めるフジテレビのバラエティ部門のトップだ。さらに、業界にも広い人脈を保持しており、ジャニーズやAKB48と云ったアイドル達との強い人脈を持っている。

そんな、夏野亮は打ち上げの席で、次第に酒が入るにつれて、レコード会社の女性社員に悪質セクハラを働きだしたという。さらにそれだけにとどまらずに夏野亮の行動はさらにエスカレート。他のレコード会社女性社員にまで悪質セクハラを働きだしたのだ。しかし、打ち上げの席ではそんな、夏野亮を止めることはできなかったとのこと。業界内でレコード会社とテレビ局での力量は歴然としており、レコード会社がテレビ局にもの申そうものであれば、以降、テレビ局に起用されないなんてこともザラにある。

それ故に打ち上げの席では夏野亮の悪質セクハラに、レコード会社女性社員たちも泣き寝入りするしかなかった。しかし、後日、レコード会社はセクハラの事実を把握したうえで、フジテレビに厳重抗議を行った。すると、フジテレビの取締役制作局長が直々にレコード会社に謝罪に訪れたという。こうして、夏野亮の悪質セクハラの事実を認めたフジテレビであるが、現在も夏野亮は番組制作を続けているという。



Sponsored Links



夏野亮が処分を受けない理由

フジテレビの取締役制作局長がレコード会社に謝罪に行き、夏野亮の悪質セクハラの事実を認めたというにもかかわらずに、夏野亮には何の処分も下されていないという。実は夏野亮がフジテレビで処分を受けない理由はフジテレビ社長亀山千広のお気に入りと云うことからのようだ。

実は夏野亮の兄もフジテレビに勤務しており、嫁も中谷前防衛大臣の妹とあり、人脈を買われてか、亀山千広社長のお気に入りなのだとか。それ故に悪質セクハラの事実をレコード会社には認めたものの、フジテレビ社内では処分無しと云うようだ。

近年、視聴率低迷に嘆くフジテレビであるが、このような社内状況が現状を生み出しているのではないだろうか。



Sponsored Links



Sponsored Links

New

  1. portrait-915230_1920
  2. runners-373099_1920
  3. fruits-82524_1920
  4. pc-1207686_1920
  5. work-space-232985_1280
  6. apple-691282_1280
  7. head-172351_1280
  8. fashion-1399344_1920
  9. man-979980_1920
  10. fruit-1593544_1920

Twitter

  • 石井健雄ドイツのヨーデル歌手!世界ナゼそこに?で放送される1万人を熱狂させる69歳の日本人 - https://t.co/WKrphliS91
    about 17時間 ago

Sponsored Links

Pick Up

  1. bedroom-1082262_1920
  2. man-776241_1920
  3. work-management-907669_1280
  4. work-space-232985_1280
  5. treatment-1327811_1920
  6. man-937665_1920
  7. alcohol-428392_1920
  8. runners-635906_1280
  9. team-386673_1280
  10. man-164217_1280
PAGE TOP