増田峰登の父親は?逮捕された筑波大附属卒業の千葉大医学部学生近所では「秀才」と評判だった

12月5日に千葉県警により実名公表がされた千葉大医学部の3人。逮捕されても実名公表がされない異例の事態故に、以前から大きな注目が集まっていた。それだけに、実名公表となったことで非常に高い注目を集めている。事件は千葉大医学部の男子学生ら3人が、5時間の飲み会の末に飲食店トイレで、女性に暴行を行った後に増田峰登の自宅マンションにタクシーで連れ帰り、再び暴行を行ったというものだ。事件が公表されない理由としては、千葉大医学部の男子学生ら3人の父親たちの圧力だとも噂されていたが、増田峰登はどのような経歴の持ち主なのであろうか。筑波大付属高校を卒業している秀才であるようだが、果たしてその家系とは。



Sponsored Links



筑波大付属卒業の増田峰登の父親

増田峰登の父親は噂されているよな大きな圧力をかけられる、人間ではないようだ。実際に圧力がかかったとして名前が挙がっているのは山田兼輔の父親や家系であり、日本でも指折りの法曹一家だという。千葉大医学部の増田峰登ともう1人の逮捕された学生の父親や家系については、強力な圧力をかけられるような有力な情報はなく、又、特殊な環境下での育ちということもなさそうだ。

ただ、増田峰登の父親に至っては、週刊誌フライデーの取材記者に事件後に、「息子にはまだ会えていません。被害者の方には本当に申し訳ないと…」とコメントを残しており、息子が起こした事件への失意と被害者への思いが記されていた。増田峰登は埼玉県で生まれ育ち、高校進学時には地元の埼玉を離れ、東京文京区にある名門進学校の筑波大付属に進学。筑波大付属と云えば、全国トップクラスの学力を有しており、偏差値で表すと77を記録している高校になる。そんな、筑波大付属に通っていた増田峰登は地元の埼玉での評判も良く、実家周辺では秀才と口を揃えて評価されていた。

筑波大付属卒業後は千葉大医学部に入学し、ラグビー部に所属。ラグビー部のホームページ上では、増田峰登は酒が飲むと豹変すると紹介されており、酒により、普段抑え込んでいる欲望が爆発するタイプの人間のようだ。増田峰登は若さと酒故に歯止めが利かなくなり、欲望のままに犯行に及んでしまったのだろう。

一般的に酒を飲み人格が豹変する人物は、常日頃から自身の気持ちを押し殺して生活を行い、日々ストレスが蓄積されている状態とされている。そんな状態が、20年間続き、千葉大医学部に入学し20歳を迎え、酒を覚え欲望の開放というストレス発散法を見出し、歯止めがかからない状態になってしまったのだろう。

近日、続発する大学生の飲酒がらみの事件においては、今までため込んできたストレスや欲望が酒により一気に解放されてしまうために、歯止めが利かずに凶悪な事件へとつながってしまっているのかもしれない。今後もこのような事件が続くようであれば、大学側にもより厳重な対策が求められることとなるだろう。



Sponsored Links



千葉大医学部の増田峰登逮捕による世間の反応

たくさんの事件が隠されてると思いますよ
今に始まった事ではありません
五時間も飲み会してるなんて暇な大学ですね。
余罪が沢山ありますね。絶対に許せない行為です。
千葉大も落ちたもんだな。
今年はゲス騒ぎが多いな。同じ男として恥ずかしいよ。
余罪ありそうですね。手慣れてる!

千葉大医学部逮捕のような事件の場合、他にも余罪があるのではないかという見方が強いようだ。近年こうした被害が増えているのは、被害女性の泣き寝入りが無くなったからと云われているが、その一方でもまだまだ泣き寝入り状態の被害者も少なくないとの見方がされている。千葉大医学部の増田峰登ら男子学生の事件は父親ら家系の都合上、ここまで事件が公になったとも考えられる特異なケースである。



Sponsored Links



Recommend Topics

Sponsored Links

Sponsored Links

Pickup

PAGE TOP